Another skyを探す旅

究極に楽しい生活。一緒にAnother skyを探してみませんか?

【グローバル投資】 なぜ最近ビットコインが強かったのか? (他の仮想通貨との比較から考える)

f:id:Kicks2018:20190813082725j:image

 

直近では下落しているものの、最近ビットコインが強いと言われます

 

単に価格の面から述べられることもあるし、ファンダメンタルズの面から述べられることもあります

 

米中貿易戦争に起因する中国人民元安とか、世界的に過剰なマネーサプライに原因があるとか、いろいろ言われますが、今日は、ビットコインと他の仮想通貨の違いの観点から考えてみます

 

 

ビットコインは、他の仮想通貨(アルトコイン)と比較しても、最近強いと言われます

 

なぜ、ビットコインが強いのか?

 

僕が思い出すのは、2017年に最高値を付けたバブルの頃です

 

あの頃、ビットコイン価格の上昇がマスコミなどで取り上げられ、マウントゴックス以来、久しぶりに仮想通貨が大々的に捉えられた時期です

 

一方で、同時期にビットコインは強烈な批判にもさらされていました

 

それは、主にビットコインの性能に関するものでした

 

 

今はかなり勢いを落としていますが、2017年にはハードフォークと呼ばれる分岐により、ビットコインキャッシュという仮想通貨が世に登場しました

 

また、イーサリアムというスマートコントラクトにより適応した通貨も台頭し、開発者のヴィタリック・ブテリンという若者が日本に訪れ、コアなファンには大きなニュースとなりました

 

一方で、ビットコインは送金スピードや、手数料などの適応能力、スケーラビリティとも呼ばれますが、ここに大きな欠陥があると考えられました

 

価格上昇がありながらも、大きく市場占有率を落とし(たぶん40%とか30%近く)、将来性が不安視された時期でもあります

 

 

ビットコイン発展の鍵を握るのが、ライトニングネットワークの実装と考えられました

 

ライトニングにより、トランザクションスピードが改善し、スケーラビリティの問題が解決するといわれました

 

現在に目を戻すと、あの頃と比較して、ビットコインのコアであり、かつ裾野の広い開発者たちが想像以上のスピードでライトニングをローンチし、ビットコインの性能は、当時と比較して大きく向上したと考えられます

 

ビットコインの性能が向上したことにより、トランザクション性能などを売りにしていた、他の仮想通貨の優位性が相対的に低下することになりました

 

また、以前このブログでも書いたことがありますが、Facebookのリブラという仮想通貨がローンチされた場合、一層、アルトコインの淘汰が進むと予想されます

 

市場参加者は、そういったアルトコインに漂う、雲掛かった空気感とも呼べるものを感じているのではないかと推測します

 

 

ビットコインは、サトシナカモトという、どこの誰かもよく分からない人物が開発した仮想通貨です

 

であるが故に、他の仮想通貨にも見られない分散コミュニケーションツールとしての、独特の輝きを放っています

 

アルトコインのすべてがなくなるわけもないと思います。しかし、ユーザーの支持が薄い仮想通貨については、いずれ忘れ去られることになるのだと思います

 

ビットコインの独自性は、法定通貨の特徴と対極を成す、非中央集権性にあると考えます

 

デジタルゴールドと呼ばれる所以であり、他の仮想通貨と一線を画する部分でもあります

 

そのビットコインが、これまでの弱点を克服するとすれば、他の仮想通貨にとっては、存在意義そのものを問われることになりかねません

 

 

 

【日常を楽しむ】自問自答を続けるということ。道が見えたら、覚悟を決めて走るということ


どんなに正しいと思ったことでも、当初は自信があったことでも、ちょっとしたきっかけで心が揺らぐことはあります

むしろ、それが日常的です

どうすれば、克服できるでしょうか





以下引用


アリババを創業して19年間、毎日毎日いつも「俺は正しいことをしているのだろうか」と自分に問い続けました

人から好かれようが嫌われようが、ここぞと思ったことにコミットすべきです


アリババ創業者

ジャック・マー




アリババのジャックマーという人は、凄まじいスピード感を伴って、同社を世界的企業に育てあげました

その氏ですら、毎日が自問自答であったというのです


考えながら、突っ走る


進歩が速いと言われる今日

この人は、考えながらであっても時代の進歩を遥かに凌ぐスピードで走り続けています


僕たちもまた、走り出さない理由などあるでしょうか?




【グローバル投資】転職をするのなら、次の就職先がきまってから。または、十分な生活資金が準備できてから

f:id:Kicks2018:20190809175854j:image

 

サラリーマンが、転職に踏みきるタイミングについて考えます

 

 

転職を実行しようとするなら、次の就職先を決めて、道筋を付けてからやるべきです

 

もしくは、当面の生活に困らないだけの生活資金を準備しておく必要があります

 

 

なぜか

 

キャッシュフローが追い付かないからです。資金繰りが回らないのです

 

 

例え、我々が無職になろうとも、日々の出費は不可欠です

 

 

食費は、欠かせませんね

 

賃貸の人は、家賃が発生します。持ち家の人であっても、住宅ローンの支払いがあるかもしれません

 

水道、電気、携帯電話といった公共料金の支払いもあります

 

 

子供がいる場合は、教育費

 

これらの固定費は、否が応でも、一人ひとりの生活にのしかかってくるのです

 

 

キャッシュフローをなめてはいけません

 

 

企業では、たとえ黒字であっても、キャッシュフローがまわせないばかりに、倒産に追い込まれるケースもあるのです

 

 

生活を維持できないと、人間は一瞬で「詰み」ます

 

 

今の時代、転職によって、自分の可能性を切り開くというのは、おおいにアリでしょう

 

 

ただし、そこには周到な用意がなければ、足元をすくわれかねません

 

 

発想は大胆に。行動は周到に

 

 

それが現実主義というものです

 

 

 

 

【ボディメイク】体重を減量しようと思うとき、増量しようと思うとき… やることはどっちも、あんまり変わらないと思う

f:id:Kicks2018:20190809173554j:image

 

ボディメイクを考えるうえで、体重を減らすのか増やすのかというのは、もちろん重要な関心事となります

 

しかし、だからといって、減量か増量かによって、日常生活が大きく変わるということは、あまり考えていません

 

減量中であろうが、増量中であろうが、筋トレを怠ることは考えにくい

 

そして、筋肉を維持する観点からすると、たんぱく質を意識して摂取することも、変わりません

 

ただし、変わるとすれば、食事の摂取カロリーでしょうか

 

単純な計算として、一日に使う消費カロリーよりも多い量のカロリーを摂取すれば、当たり前ですが太ってきます

 

反対に、摂取カロリーが消費カロリーよりも少なければ、痩せてくるはずです

 

 

いろいろなダイエット法がテレビなどで取り上げられます。その瞬間、スーパーから、ダイエットに効くとされる食材が売り切れたりします

 

しかし、いろいろ考え、試行錯誤し、結局行きつくのが、シンプルな理論なのではないかと考えます

 

シンプルな方法論と、ひたすら継続する意思

 

このふたつが、ボディメイクにおいて好結果をもたらすために、必要な要素だと思っています

 

 

【日常を楽しむ】 「いかがわしい」とは、果たしてダメなことなのか (孫正義氏の言葉から考える)

f:id:Kicks2018:20190808212350j:image

 

 

「いかがわしさ」とはなんでしょうか


以下引用

いかがわしくあれと

それで大ぼらを吹こうよと

夢を持って大きなビジョンを語ろうよと


孫正義

 


今や日本を代表する世界的企業のひとつ、ソフトバンク孫正義社長でさえも、いかがわしくあれと言っています


いかがわしい人物・物事に、日本人は、私たちという世間は、容赦なく虐げた目を突き付けます


言葉を選ばずに言えば


ある意味、クソみたいな閉鎖社会に僕らは生きていますね


周囲から「いかがわしい」と思われたなら、それは自分自身にブレークスルーが起こる前段階なのかも知れません

 


僕らは、もっと自信を持とう

 


そんなことを思います

【グローバル投資】 なぜ「お金」が必要なのか? (意思の明確化が鍵)

「お金」が必要だと、誰しもが思います


では、なぜお金が必要だと思うのか?


僕もそうなのですが、多くの人が、先行きが見えない将来への「漠然とした不安」を持っています


そんな不安に対する「漠然とした解決策」として、とにかくお金が必要だと感じているのではないでしょうか


心のどこかにいつも霧が掛かっている状態です


僕もそうですから



この不安を解決するために、できるアプローチのひとつとして、


この先の人生において、どんなイベントが起こるだろうか


それらのイベントにはいくらのお金が必要になるのだろうか


ということを、ざっくりと考えてみる


ということは、可能です

例えば、結婚、住宅、子育て、親の介護、老後…


人生なんて、この先何が起こるか分からないじゃないですか


「人生100年時代」とか言いますけど、10年前には、そんなこと言ってましたかね?


いきなり、全員が100歳まで生きるようになったわけじゃない


でも、確かに平均寿命が伸びてますし、想定してた計画なんて、本当に計画倒れになる可能性が高い


でも

この先、将来に何が起こるかを考えるのは有益でしょう





できることなら、


この先自分が、何をしたいのか、どんな生活を送りたいと思うのか


を、楽しみながら考えるのが良いと思いませんか?



思った事は、かならず実現化していきますからね


将来の夢を明確化する


そのために必要なお金を、どうやって稼ごうか?


を考えてみる


その方が、精神的にも健全な気がしますけど、いかがでしょう

【ボディメイク】 女子だから!フィットネスをがんばってほしいと思う

筋トレを始める(もしくは、すでにやってる)人口が増えている気がします


ジムに行くと、男子だけではなく女子もマシントレーニングをやってたりします

年齢層も幅広い

もはや日常の風景です



【女子にフィットネスをがんばってほしい理由】

1
腕やふとももなど、筋トレをすることで引き締まった身体になってくる

2
筋トレをすることで、基礎代謝が上がってくる

身体の体質が改善し始めるため、日常的に脂肪を燃やしやすい身体になる

3
意識が変わる

運動をすると、自律神経によい効果をもたらす

食事に対する意識も変わる

身体に摂り入れる食べ物に対し、判断のハードルが上がってくる

理由など、まだまだたくさんありそうですが、多くのメリットが期待できます




筋トレをすると、筋肉ムキムキになるとかいうのは、始めたばかりの時期は特に、あんまり気にしなくてもいいのではないでしょうか?


【理由】

1
筋トレをすると、パンプアップといって、一時的に運動した部位が大きくなる
(風船を膨らませたような感じ)

でも、またすぐしぼむ

だから、パンプアップをあんまり気にしなくてもいいと思う

2
筋トレ後に、結局食べ過ぎていることが原因だったりする

運動をすること自体を目的化すると、「ごほうび」と称してドカ食いしたくなる


【結論】
1
「なりたい自分」を設定する

例えば、カリスマトレーナーのAYAさんをイメージする

(仮に、現状の自分とかけ離れていても、まったく問題なし)

2
「なりたい自分」と「現状の自分」にある、歴然とした「差」を認める

例:AYAさんの体型と自分の体型を比較する


そして、ここが大切ですが「あと●カ月後」に、理想の体型を手に入れると決める

(僕は今、2カ月で目標設定するようにしてます。3カ月でもいいかと思います。それ以上長期化しても、多分続きませんよね?)

3
「差」を縮めるために、何が出来るのかを書き出してみる

書き出すときに、出来るだけ簡単で、なおかつ効果が期待できるものを選ぶ

逆に、極端な根性論におちいるのは避けたい

4
運動、必要に応じてサプリも検討する

同時に試せるものは試す


実践する(そのあと、効果を振り返る)

また実践

以上です


言いたいことが、文章でなかなか伝わりにくいですが、こんな感じです


2カ月がんばれば、必ず何らかの結果が出ます

必ずです


暑い日が続きますが、ぜひ一緒にがんばりましょう