Another skyを探す旅

激変する世界を生きるヒント。それは自分の足元にある

【グローバル投資】 なぜ最近ビットコインが強かったのか? (他の仮想通貨との比較から考える)

f:id:Kicks2018:20190813082725j:image

 

直近では下落しているものの、最近ビットコインが強いと言われます

 

単に価格の面から述べられることもあるし、ファンダメンタルズの面から述べられることもあります

 

米中貿易戦争に起因する中国人民元安とか、世界的に過剰なマネーサプライに原因があるとか、いろいろ言われますが、今日は、ビットコインと他の仮想通貨の違いの観点から考えてみます

 

 

ビットコインは、他の仮想通貨(アルトコイン)と比較しても、最近強いと言われます

 

なぜ、ビットコインが強いのか?

 

僕が思い出すのは、2017年に最高値を付けたバブルの頃です

 

あの頃、ビットコイン価格の上昇がマスコミなどで取り上げられ、マウントゴックス以来、久しぶりに仮想通貨が大々的に捉えられた時期です

 

一方で、同時期にビットコインは強烈な批判にもさらされていました

 

それは、主にビットコインの性能に関するものでした

 

 

今はかなり勢いを落としていますが、2017年にはハードフォークと呼ばれる分岐により、ビットコインキャッシュという仮想通貨が世に登場しました

 

また、イーサリアムというスマートコントラクトにより適応した通貨も台頭し、開発者のヴィタリック・ブテリンという若者が日本に訪れ、コアなファンには大きなニュースとなりました

 

一方で、ビットコインは送金スピードや、手数料などの適応能力、スケーラビリティとも呼ばれますが、ここに大きな欠陥があると考えられました

 

価格上昇がありながらも、大きく市場占有率を落とし(たぶん40%とか30%近く)、将来性が不安視された時期でもあります

 

 

ビットコイン発展の鍵を握るのが、ライトニングネットワークの実装と考えられました

 

ライトニングにより、トランザクションスピードが改善し、スケーラビリティの問題が解決するといわれました

 

現在に目を戻すと、あの頃と比較して、ビットコインのコアであり、かつ裾野の広い開発者たちが想像以上のスピードでライトニングをローンチし、ビットコインの性能は、当時と比較して大きく向上したと考えられます

 

ビットコインの性能が向上したことにより、トランザクション性能などを売りにしていた、他の仮想通貨の優位性が相対的に低下することになりました

 

また、以前このブログでも書いたことがありますが、Facebookのリブラという仮想通貨がローンチされた場合、一層、アルトコインの淘汰が進むと予想されます

 

市場参加者は、そういったアルトコインに漂う、雲掛かった空気感とも呼べるものを感じているのではないかと推測します

 

 

ビットコインは、サトシナカモトという、どこの誰かもよく分からない人物が開発した仮想通貨です

 

であるが故に、他の仮想通貨にも見られない分散コミュニケーションツールとしての、独特の輝きを放っています

 

アルトコインのすべてがなくなるわけもないと思います。しかし、ユーザーの支持が薄い仮想通貨については、いずれ忘れ去られることになるのだと思います

 

ビットコインの独自性は、法定通貨の特徴と対極を成す、非中央集権性にあると考えます

 

デジタルゴールドと呼ばれる所以であり、他の仮想通貨と一線を画する部分でもあります

 

そのビットコインが、これまでの弱点を克服するとすれば、他の仮想通貨にとっては、存在意義そのものを問われることになりかねません

 

 

 

【日常を楽しむ】 「いかがわしい」とは、果たしてダメなことなのか (孫正義氏の言葉から考える)

f:id:Kicks2018:20190808212350j:image

 

 

「いかがわしさ」とはなんでしょうか


以下引用

いかがわしくあれと

それで大ぼらを吹こうよと

夢を持って大きなビジョンを語ろうよと


孫正義

 


今や日本を代表する世界的企業のひとつ、ソフトバンク孫正義社長でさえも、いかがわしくあれと言っています


いかがわしい人物・物事に、日本人は、私たちという世間は、容赦なく虐げた目を突き付けます


言葉を選ばずに言えば


ある意味、クソみたいな閉鎖社会に僕らは生きていますね


周囲から「いかがわしい」と思われたなら、それは自分自身にブレークスルーが起こる前段階なのかも知れません

 


僕らは、もっと自信を持とう

 


そんなことを思います

【日常を楽しむ】孫正義氏が語る人類の進化とは (思いを大切にするということ)

f:id:Kicks2018:20190720113823j:image

ソフトバンク孫正義会長兼社長の基調講演から、感じたことを書いてみます

孫正義氏 基調講演 Softbankworld 2019 7.18.2019)

 

人類は推論によって進化してきた

 

推論とは「ああなれたらいいな」という思い

 

空を飛びたいという思い、海への思い、星への思い

 

人類の思いは、充足により、すでに行き渡ってしまったのか

 

孫氏は、そうは言わない

 

さらに加速していくであろうと

 

そんな思いを、例えばAIによって具現化していく

 

 

僕たちにとって、推論とはなにか?

 

ああなればいいのに、という思いはあるか

 

思いの強さが、進化のスピードにつながる

 

ああなればいいのに

 

こんな思いは、僕らの日常に転がっている

 

僕らは、毎日を不自由さのなかで暮らしている

 

では、何が不自由なのか

 

その不自由さは、解決できるのか。できるとすれば、どうやって?

 

僕らにとっての推論と進化は、そんなところにあるのだと思う

 

 

【日常を楽しむ】孫正義氏の基調講演から思ったこと (Softbank World2019)-日本はすでにAI後進国-

f:id:Kicks2018:20190720110501j:image

 

ソフトバンクの、孫正義会長兼社長の基調講演から思ったことを書いてみます

孫正義氏基調講演 Softbank World2019 7.18.2019)

 

これからの人類の進化について、鍵となるのはAI

 

AIにおけるアメリカ、中国、インド、東南アジアの進歩はすさまじく、この分野では、日本はもはや後進国発展途上国であると、孫氏は警告を発します

 

講演の中で、OYO、Grab、Paytm、PlentyといったAIの旗手ともいえるファウンダー達が登壇し、各々のビジネスモデルについて紹介をしていきます

 

これらは、SoftbankのVisionfundの出資を受けた企業です

 

孫氏は言います

 

日本のベンチャーに支援しないわけではないが、あえて支援しようと思うベンチャーが現れないのだと

 

講演から僕個人が感じたのは

 

日本が技術立国といわれるようになって久しい

 

日本企業の技術が、世界のグローバルスタンダードを決定付けていた、そんな時代もありました

 

しかし、ご存知のとおり、日系の停滞、外資による買収対象になることも、もはや日常的です

 

ここで考えたいのは、最近話題になる日韓の貿易管理上の衝突です

 

具体的には、韓国の半導体業界の代名詞であるサムスンやSKハイニックスへの素材輸出を厳格化するというものです

 

このニュースを聞いて、多くの日本人が、結局は日本の技術力は現在においても健在であり、韓国企業は日本の技術に依存しているのだと感じたことでしょう

 

これは、ある意味で正しいと思いますが、しかし勘違いしてはいけないと思う

 

それは、あくまで素材産業の話であって、それを日本の技術力の総論の話とすり替えてはいけない

 

長年の蓄積により形成された素材産業など、今なお日本が優位性を維持するセクターは少なくない

 

しかし、そのテリトリーが次第に狭まってきているのではないかと感じます

 

孫氏は、これから、人類は加速度的に進化するといいます

 

鍵となるのがAI

 

そのAI分野において、日本が後塵を拝することについて、孫氏にはいろんな思いがあるものと考えます

 

ただ、AIが進歩したのは、直近20年くらいのことです

 

まだ、巻き返しは可能だと孫氏は語ります

 

日本から生まれるベンチャーが少ないといわれますが、なぜこの国からイノベーションが起こらないのか、どうやったらイノベーションを起こせるのか

 

意外と、答えは僕たちの身近にもあるような気がします

 

 

【グローバル投資】グローバル投資といいながら、仮想通貨の記事しか書いていない理由

f:id:Kicks2018:20190707061727j:image

このブログで、【グローバル投資】のカテゴリーで記事を書くことも多いのですが、自分が最近取り上げるのは、もっぱら仮想通貨です

 

なぜなのか?反省もふくめて考えてみます

 

1.仮想通貨に投資したから

 

仮想通貨に、実際投資しているから、おのずと記事に書きたくなります

 

仮想通貨を始めたのは、もう2年以上前になります

 

銘柄は、基本的にビットコインです

 

イーサリアムリップルビットコインキャッシュライトコインその他、多少持っていたり、しっかり持っていた時期もあったのですが、結局ビットコインに回帰しました

 

当時の自分の資産構成としては、相当にアンバランスな金額を投じました

 

なぜなんだろう。ビットコインが夢の通貨に思えたからですかね笑

 

平均取得単価は、ざっくりですが、25万円くらいです

 

記事を書いている現時点の価格が125万円前後なので、これもざっくりですが、1ビットコインあたり100万円の含み益があります

 

先日、100万円に到達したとき、130万円に到達したとき、少しづつ売却しました

 

これで、投資した原資の8割くらい(税引き後換算)は回収できたことになります

 

一部利益確定をしたことによって、この先、例えばビットコインが10万円以下まで下落しないかぎりは、「負け」はなくなりました

 

ただし、まだ完全に元本を回収できたわけではないので、これからも緊張の日々は続きます笑

 

2.今の日本株、あまり買う気が起きない笑

 

日本株をしっかり買っていくことがあるとすれば、それは、不謹慎ですが、大暴落したタイミングだと思っています

 

たぶん、いつかその日は来ます

 

上がり続ける相場などない。これが鉄則です

 

日本株については、継続的な優位性を維持できる銘柄を厳選して、投資をしていきます

 

ただ正直、大局観で考えて、今のところあまり日本株に興味が湧いてきません笑

 

もし今後、世界的な暴落が起こるとすれば、僕の資金はたぶんアジアに向かいます笑

 

理由は単純で、日本の消費市場は縮小するのが自明ですが、アジアを広く捉えると、人口ボーナスを継続している国がいくつもあります

 

人間の欲望が、どんどん湧いてくる国に投資したほうが、もうかるでしょう

 

だから、このカテゴリーのタイトルが【グローバル投資】なのです笑

 

まとめ.ビットコインで利を伸ばし、ひろく世界の投資物件に投資してみたい!

 

年内にビットコインを追加で利益確定したいと思っています

 

せめて投資元本(プラス税)は、回収したい!

 

これからも、価格の推移を見極めながら、売りあがっていく

 

最後の最後に、いくばくかのビットコインを残し、その後は放置でもかまわないと考えています

 

Buy and Forget

 

そして、アジアのさまざまな投資対象を、このブログでご紹介できればいいなと思います

 

絵に描いた餅にならないよう、がんばります笑

 

 

【日常を楽しむ】夏休みの計画を考える。 おすすめは、海外での「アフタヌーンティ」です

f:id:Kicks2018:20190623214354j:image

6月も終盤に差し掛かり、本格的な夏のシーズンが近づいています

 

今年は、5月に大型連休がありましたが、夏こそは旅行の計画を立てたいと思う方も、いるかもしれません

 

東南アジア方面への海外旅行をお考えの向きには、ぜひ高級ホテルでの「アフタヌーンティ」を検討されることをおすすめします

日本でも、アフタヌーンティを堪能することは可能ですが、海外での、日本人客があまりいないなかで味わうのは、また格別なものがあります

 

おすすめする大きな理由が、日本でのそれと比べて、低価格で楽しめること

 

誰もが知る、ラッフルズやシャングリラ、ペニンスラでも、思いのほか低価格なのが、ネットで調べるとすぐ分かります

 

行き先が決まったら、ぜひ「アフタヌーンティ」もチェックしてみてください

 

お得な値段で、ゆったりとした時間が楽しめます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【日常を楽しむ】「ゲーム好き」は、すごい個性だった! スターバックスにみる、パーソナル・ブランディングの定石


ゲーム好きも、個性のひとつ

子供の頃、ゲームのやり過ぎで親から褒められた人は、あまりいないでしょう

なぜなのでしょうか?
目が悪くなるから?勉強の時間が減るから?

堀江貴文氏はおっしゃってます
好きなだけやれば良いと

現代においては、ゲームが得意というのは十分個性になりえます

スターバックスにみるブランディング戦略

今、スターバックスでは同社初となる、3つの発酵素材を使った「レモンヨーグルト 発酵フラペチーノ」を期間限定で販売しています

先日も、弊ブログで日本食をテーマにしました。お味噌汁の麹菌について書きました

スターバックスでは、ヨーグルト、チーズ、そして甘酒!といった、ふつう相入れないと考えがちな素材でフラペチーノを作ってしまいました

いづれも、今注目されている発酵食品です

暑い季節、スターバックスでは、フラペチーノをオーダーされる方も多いでしょう

3種類の素材からなるフラペチーノは、思いのほかサッパリ感が強く、すごく飲みやすい

僕は日本のスターバックスでは、ほとんどコーヒーしか飲みません。いつも暖かいやつ

海外では、暑いところばかりにしか行かないので、いつもフラペチーノです

しかし、「発酵」に魅かれて、今日思わずオーダーしてしまいました

ネット等では、一時期同社の顧客満足度が落ちているともいわれていました

しかし、意外な素材を合わせることで、こんなスッキリとした味のドリンクを作るスターバックスは、全然あなどれないと感じました


ひとつの要素では、さほど個性を発揮できない人が、複数の要素を併せ持つことで、素晴らしいブランド力を手に入れることは、よくあることと考えられます

もし、ただの「ゲーム好き」を脱したいとすれば、そこに何かもうひとつ得意なものを加えれば、強烈な個性になり得ると感じます


スターバックスが出したフラペチーノに、パーソナル・ブランディングの鍵があるという話でした

だんだん暑くなってきます
明日も、無理せず、水分を取りつつ、お過ごしください!