Another skyを探す旅

激変する世界を生きるヒント。それは自分の足元にある

【グローバル投資】ファイナンシャルプランニング

「住まい」の資金計画。住宅ローンとの付き合い方

新たに一戸建て住宅やマンションを購入するなら、資金計画は欠かせません 資金計画には、自己資金からの捻出額や住宅ローンの借入額の検討が含まれます 以前、物件選びの記事でも触れましたが、従来以上に、資金面で住宅取得にとって厳しい環境になりつつあ…

クルマは3大出費のひとつ。中古車でも十分いけるか?

家族世帯などで、住宅、保険とならぶ「3大出費」といわれる自動車について考えます クルマを持たないという選択 クルマが不可欠な場合 クルマを持たないという選択 もちろん、クルマなど必要ないという方も多いはず クルマがなくても生活に支障がないという…

株式投資について考える。そもそも、株とは何なのか?

老後2千万円問題と相まって、逆説的に?注目されている株式投資について考えます 株とは一体何なのか また株式投資とは、一体何を指すのでしょうか? どうして会社は、株式を投資家に募るのでしょうか? 会社には、経営するための資金が必要です その資金を…

新しい「住まい」選びで苦しまない。マイホーム物件選びの考え方

いま、「マイホーム」の問題で苦しむ人が増えています コロナ禍の影響で、収入減はおろか職を失う人も急増しています 住宅ローンの返済で悩んでいる人は、実は少なくない なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか? 今から、新しい住まいを考える人に伝え…

ボーナスと言われても...そんな状況だからこそ、自分の「お金」が見えてくる

梅雨の時期ですが、この時期といえば実は 公務員や、大手企業にお勤めの方などにとっては、夏のボーナスがすでに支給されている時期でもあります 民間について言えば、今年については、言うまでもなくコロナウイルスの影響があまりにも厳しいので、ボーナス…

アフターコロナの勝ち組は「生協」だったという事実。そこから何を知るか?

コロナ禍は、我々の生活様式や消費行動に大きな変化をもたらしました 外出自粛で、百貨店やアパレルをはじめ、小売業が大きな打撃を受けました www.glocal2019.com ウイルス感染を恐れて、スーパーへ日常の食料品を買いに行くことすらためらわれる。そんな日…

過去の「恥 (はじ) 」から現在を考える。株式投資とビットコインをとおして思うこと

今日の記事は、いつか消すかも笑 失敗なんて、誰にでもあることでしょう それが例え投資であっても、全戦全勝なんて普通あり得ない 僕も、過去に手痛い思いを経験しました それも、何回も 現在、社会経済が大激変しています かつてない変動です 当然ながら、…

投資のセンスは、洋服の買い方に現れる

今日は、洋服の購入から、投資センスについて考えてみます 投資のセンスは、洋服の買い方に現れるのかも知れません 投資で勝てる人の特徴は、「よく考えて洋服を購入すること」に尽きます 当たり前だと思われるかもしれませんが、意外とできていない人がいる…

「上級国民/下級国民」という区分から何を感じるか

橘玲氏の著書「上級国民/下級国民」から感じたことについて、自分なりにまとめてみたいと思います 台湾の平均報酬 停滞の平成 格差の拡大 台湾の平均報酬 話はそれますが、NNAという海外ニュースメディアに台湾の記事がありました 台湾の行政主計総処(統計…

老後の不安は「3つの要素」に集約される

投資を行う目的として、老後を豊かなものにしたいため、というのが出てきます 若い人であっても、意外と多いと感じます どうすれば、老後が豊かになるのか 逆に言えば、何に対して不安を感じるのか? 一般的なライフサイクルプランをもとに、自分なりに、大…

今回の不景気は、ちょっと「巻き戻し」が利かない気がする

昨日、アパレル大手のレナウンが民事再生手続き開始の決定を受けたと報道がありました レナウンといえば、1990年代には世界最大規模のアパレルメーカーともいわれました 百貨店の業況が下ぶれし、低価格帯ブランドやネット販売に押され、足もとの業況は…

投資も、恋愛も、難しいのはやっぱり「出口戦略」でしょ (Exitで決まる)

投資の鉄則は「安く買って、高く売る」だと言われます 確かにその通りですが、聞くは易し、行うは難しなのです この通りにできれば、全員がもうかってます 投資家が起こすアクションは、エントリーとエグジット 今日は、エグジットについて考えてみます 恋愛…

もし家族を持ったら、お金について考えずにはいられない

家族とお金について考えてみます ライフプランとお金 書き出すことで分かること 現状分析 お金は目的ではなく手段 ライフプランとお金 お金の問題というのは、壮大なテーマです ですが、一方で考えようによって、ずいぶんシンプルにもなり得ます そもそも、…

疲れるビットコイン:「巣ごもり半減期」とプチ利益確定の体験記(記事作成中に暴落してしまった件)

ビットコイン価格が、足元で上昇しています 節目とされた1万ドルを一時越えました。日本円建てでは100万円を今日も越えて推移しています(10日朝8時の時点) 上昇をめぐっては、様々な意見が出ています 元参議院議員で、経済評論家の藤巻健史氏は、金…

不安が募る「老後資金問題」 今から打てる対策はあるか

ウイルス感染症の影響で、多くの人が生きることに不安を感じています 健康面だけではなく、経済的にも状況はシビアになりつつあります 今日は、老後資金の問題と、対策について考えてみます 「老後資金問題」とは何か 老後資金、いくらあれば安心した老後を…

わかりやすく仮想通貨:「ビットコイン」牛乳ビンのフタを使って考えてみる

一時は、価値ゼロの「電子ゴミ」とも揶揄されたビットコイン コロナショックの影響もあってか、価格は乱高下を繰り返しています そもそも、ビットコインとは何なのか あらためて考えてみたいと思います そもそも、お金つまり通貨というものには、次の3つの機…

【グローバル投資】 なぜ発展途上国で「老後資金問題」が起こらないのか?

日本を賑わす「老後資金問題」ですが、なぜ発展途上国で同様の問題が起こらないのか、考えます 今回は、東南アジアのフィリピンと、日本との比較で考えてみます ①経済的には豊かなのに、日本はなぜ幸福度が低いのか? 両国の、一人当たりのGDPを比較してみま…

混迷する世界経済:サプライ・チェーンは、簡単には回復しない

コロナ禍の影響は、経済活動にも影を落としつつあります とかく日本で注目されているのは、運輸業や旅行業、飲食業、小売、サービスといった分野の不振です しかし、日本経済を牽引してきた製造業にとっても、受ける影響は大きいものがあります 今日は、自動…

与沢翼さんの新刊「お金の真実」を読んでみた

与沢翼さんの新刊「お金の真実」を読みました 与沢翼さんといえばメディアへの露出も多く、「秒速1億円の男」として注目を浴びた時期もありました その後は国税滞納など、かなり厳しい経済状況にあったものの、現在では純資産で70億円を有し、ドバイやタ…

ビットコインから透けてみえる、世界経済のパワーバランス : コロナ・ショックのインパクト

3月19日に、日経平均株価が1万6552円を付けたのは記憶に新しいところでしょう 日本のみならず世界的な暴落相場は、のちに「コロナ・ショック」として名を刻まれることになるでしょう ただし、それが一過性のものだったのか。ただの序章にすぎないの…

「70歳超えても働く」日本人は、本気でそんなこと考えているのか?

日本経済新聞に『「70歳超えても働く」過半数』という記事があったので、自分なりにいろいろ考えてみたいと思います 70歳超が増加、60代までが減少 日経新聞の記事によると、2019年秋におこなった世論調査で、70歳を超えても働くつもりだと答え…

人々が求める「安定した生活」とは、結局のところ毎月収入があるということだったりする

サラリーマンや就活生のみならず、老後を迎える人までが口にする、「安定した生活」とは何なのかを考えます 安定した生活とは、結局のところ毎月継続的に収入があるということが重要だと思います 投資家やフリーランスでは、毎月の定期収入が得られない場合…

投資の新戦略:「自分が自分である」ために、コロナショックの今やっておくこと

ネットも、新聞も、テレビも。世の中コロナ一色といった感じですね ネガティブなニュースのオンパレード。お疲れの方も多いと思います 「緊急事態宣言」「東京封鎖」が目前ともいわれています 相場の世界では、あらゆる金融商品からのキャッシュアウトがとま…

ウォーレン・バフェットの「勝ちグセ」を手に入れる

以下引用:株は単純みんなが恐怖におののいているときに買い、陶酔状態の時に恐怖を覚えて売ればいい ウォーレン・バフェット これは、投資の真理だと思うのですが「誰かがやっているから」というのは、投資判断の材料にならないですね むしろ、相場は逆に動…

せっかくだから、「自分の葬式」をイメージしてみた

将来のライフイベントを考えろといわれても、はっきり言ってよく分からないですよね そんな時、「自分の葬式」をイメージしてみると良いかも知れません といっても、これ、僕のアイディアではなく「7つの習慣」のスティーブン・R・コヴィー先生からの引用で…

ハイパー・インフレで、日本経済は本当に破綻するか?(藤巻健史氏「日本・破綻寸前」から考える)

世界経済が大きく変動しています ウイルス感染症をきっかけに、既存の社会経済システムがうまく機能しなくなっている 日本社会も、なにか大きな潮流に飲み込まれている感じがします 今日は、モルガン銀行(現JPモルガン)で東京支店長だった経歴を持ち、参…

サラリーマンだけでは「無理ゲー」と思ったら考えること(収入をいかに増やすか)

もはや、会社に勤めるだけでは「無理ゲー」だと思う人も多いでしょう 企業に就職し、結婚し、子供をつくり、教育し、住宅を購入し、親を介護する なおかつ、自分たちの老後のために2,000万円貯めるということになると、「今まで」と同じでは難しい ざっくり…

今だからこそ! 個人投資家が暴落市場から学ぶこと

令和に入り、歴史が大きく動いている感を持つのは、僕だけでしょうか? 平成という時代は個人投資家、特に株式を触ってきた投資家にとっては逆風の30年でした まず、平成の序盤はバブル崩壊 沸き立っていた日本の投資家は(というか日本経済全体が)敗北感を…

暴落相場:ビットコイン価格の暴落から考える今後の投資戦略(仮想通貨投資・株式投資)

ビットコイン価格が大きく下落しました 今日は、ビットコイン価格の下落から考える、相場暴落時の対処法について考えてみます 結論は、「撤退」を判断するのか。それとも、「やられたらやり返す」のか。腹を決めるということになります ビットコイン価格 ビ…

ローン金利の選択方法について考えてみる (変動金利と固定金利には選び方がある)

住宅について、賃貸が得か購入が得かという議論をよく目にします 個人の価値観にもよると思いますが、今日は、もし住宅(マンション)を購入しようと思ったとき、多くの人が利用することになるローンについて考えてみます まず、住宅や自動車等の、個人消費…