Another skyを探す旅

究極に楽しい生活。一緒にAnother skyを探してみませんか?

「やることリスト」でロジカルに夢を叶える

f:id:Kicks2018:20200113101849j:image

 

今日は、やることリストについて考えます

 

TODOリストとも呼んだりします

 

 

「やることリスト」を作るコツ①

 

やることリストを作るにあたっては、いくつかのコツがあると思っています

 

まず、書き出す項目が具体的であることです

 

抽象的なタスクをいくら増やしたとしても、行動に移す糸口がつかめなければ、それはやることリストとして十分活用することが難しくなります

 

抽象的なタスクが駄目なわけではないです

 

抽象的なことのなかに、自分が本当に望む何かがあるかもしれない

 

では、どうする?

 

抽象的な夢を叶えるために具体的に何をするのか、細分化します

 

それを、やることリストに追加する

 

場合によっては、さらにさらに細分化し、具体化し、簡単にして、取り掛かりの敷居をとにかく低くする

 

この手法は、コンサルティングにも活用される「ロジックツリー」の考え方にも通じると思っています

 

HOWツリーと呼ばれるもので、問題解決の有効な手段として用いられます

 

そうやって細分化された「やること項目」のなかから、実効性や優先度を考えて、順番に取り組んでいく

 

これが、僕が考える「やることリスト」の基本的な活用方法です

 

 

作るコツ②

 

コツ①でご紹介した細分化の手法によって、極限まで簡単でシンプルなレベルにまで落とし込まれた「やること項目」を、とにかく早く処理していく

 

これも、大切なことと思っています

 

なんといっても、実際に行動しないと何の結果も得られません

 

とはいっても、実際に第一歩を踏み出すのは意外と大変です

 

飛行機でも、一番動力が必要なのは離陸するときですね

 

飛び立ってしまえば、意外と慣性でいけたりする

 

なので、とりかかりは、最も簡単な項目から手を付けるというのも、上手な戦術といえるでしょうね

 

やってるうちに、けっこう楽しくなってきませんかね?

 

何といっても、自分の夢を叶えるための「やることリスト」ですから

 

 

作るコツ③

 

書き出した項目をどんどん達成していったら、また新しい項目を追加します

 

達成し、また追加する

 

そんなことを繰り返していくうちに、気付いたら自分が、以前には考えもできなかった高みに到達していた、なんてことになるのではないでしょうか

 

 まとめ

 

「やることリスト」は、夢の実現のために、すごく有効なツールになりえますよね

 

リストを作ることで、自分の考えを言語化できます

 

自分が向かう目線を、感覚ではなく視覚化できます

 

ただやみくもに、根性だけでがんばっても、なかなか結果は出ないですよね

 

リストを作ったうえで、行動がともなってくると、間違いなく自分が変わってくると思うのですが、いかがでしょうか