Another skyを探す旅

激変する世界を生きるヒント。それは自分の足元にある

この世の中、ほぼ全員が「中途半端」な人間。その真実に早く気付く

f:id:Kicks2018:20220306072941j:image

よく我々は、自分のことを「中途半端」とか言いますけど、

まあ卑下なのか、本気で言っているのか。多分両方なんでしょう。

 

この中途半端とは何か。そこを考えてみます

 

 

北京オリンピックが終わりましたが、日本勢は18個のメダルを獲得しましたね。

これは冬季のオリンピックでは過去最多だったのですね

 

しかし一方で、メダルを有望視されながらも涙を呑んだ選手も、少なくないわけです

 

男子のフィギュアスケートでは、レジェンドといわれる羽生結弦選手も4位にとどまりました

 

スケート選手として羽生結弦のことを中途半端だと思う人は、世界中に多分いないでしょう。しかし、そんな彼でもやはり、演技の後にはしきりに反省を口にするのですね

 

羽生結弦が中途半端...

もう、そうなるとこれは世の中の人間の99.9%は中途半端ということになる笑

 

人間に与えられた時間は限られている。そのなかで、ほぼ全ての時間を投入するアスリートですら、いまだ到達できない「頂」がある。とすれば、我々は何をどう考えればいいのでしょうかね

 

結局のところ、

初心者には初心者なりの中途半端があり、

それは中級者になっても同様であり、

たとえその道の達人になれたとしても、それでも未だ本人にとってみれば、「途半ば」なのだという

そこに気付くことが大切でしょうね

 

だからといって諦めて何もしない。そうではなく、中途半端を自覚し、日々の自分の成長を楽しむ

 

そうでなければ、この先の人生が結構つらくなると思いますね笑