Another skyを探す旅

究極に楽しい生活。一緒にAnother skyを探してみませんか?

【日常を楽しむ】梅雨時に心が沈んだときの処方箋は?(走るのか、休むのか)

f:id:Kicks2018:20190609113919j:image

梅雨時は、気持ち的に落ち込みやすい

そんな人は、少なくないでしょう

 

ただでさえ、気圧の変化で、変調を来たしやすい時期です

 

そんなとき、どう対処するか?

 

いくつか考えてみます

①感情を「あるがまま」に受け入れ、淡々とタスクをこなす

 

一見、ひどい話のようですが、深刻な症状でなければ、いくつかの不安があっても、目の前にあるタスクに取り組んでいく

 

例えば、家事や仕事など

 

不安にとらわれた自分を認識しながらも、建設的な行動をこなしていく

 

僕は、心理学について何も語る言葉を持ち合わせていませんが、日本で生まれた「森田療法」によると、基本的な考え方として

 

1.不安や恐怖といった感情は、僕たちが人間として、生きたいという欲望を持つがゆえに生じる

 

2.不安や恐怖から逃げようとすれば、それらはますます大きくなる

 

3.なので、自分の感情を「あるがまま」に受け入れ、目の前にある行動に集中することで、症状を軽減していく

 

ということです

②やっぱりつらいので、ちょっと休む。ぼんやりする

 

心が沈むというのは、少しゆとりを持ちたい。ちょっと休みたいというサインかもしれない

 

心が沈むのは、物事がうまくいっていないから、に限りません

 

おおむね事がうまく進んで、順調なときにも、沈むことはあります

 

こんなときは、無理に気持ちを引き上げようとはせずに、すこし休んで、ぼんやりしてみるのも良いかもしれない

 

あなたも、僕も、機械ではないから

 

少し立ち直ってきたと感じたら、自分のために少しお金を使ってみる

 

ちょっとおいしいお菓子を自分のために買う

 

マッサージに行ってみる

 

そんなことも必要かもしれません

 

ほんとうに、僕たちは機械ではないですから

 

 

今週のお題「雨の日の楽しみ方」