Another skyを探す旅

究極に楽しい生活。一緒にAnother skyを探してみませんか?

【日常を楽しむ】自分の夢の原型を「見つける」のではなく「思い出す」(必ず答えはあるはず)

f:id:Kicks2018:20190619192133j:image

 

自分の「夢」について考えてみます

 

自分の夢を見つけるなどと、よく言いますが、なかなか簡単にみつかるものではない

 

では、どうするか?

 

 

 

 

①自分の夢は、もうすでに自分自身が知っている

 

夢を「見つける」のではなく「思い出す」と考えてみる

 

つまり、自分の夢というものは、すでに自分自身が知っている。忘れているだけだと知る

 

僕やあなたが、まだ小さかった頃に感じた感情をさかのぼってみる

 

言葉として思い出せる人は、少数かもしれません

 

例えば、映像として

 

また場合によっては、空気感かもしれない

 

自分が満たされた瞬間や、居心地のよかった場所、時間、周囲にいた人にヒントがあるかもしれません

 

それは、妄想に近いものかもしれない。全然かまいません

 

自分だけの世界なので

 

きっと、僕にもあなたにも、潜在意識のなかに埋没している何かがあるはず

 

それを、ていねいに探っていく

 

その過程によって得られた「何か」を、現実の社会で、どのように形作っていくのか

 

ここまでできると、夢の実現に向けたストーリーが見えたということになると考えます

②ではどうやって思い出すか?

 

言葉にもならない、空気なのか、時間なのか、得体も知れない原風景をどうやって探っていくのか

 

例えばですが、言葉になりにくいものであれば、ビジュアルで考えてみる

 

気になる雑誌、新聞の写真を集めてみる

 

インターネット上から画像を拾う

 

それを並べてみると、なにか自分という人間が見えてくるかもしれない

 

自分が手に入れたい「原風景」を探す道程

 

それが、弊ブログのタイトルでもある「Another skyを探す旅」になります