【シンプルライフ】Another skyを探す旅

究極に楽しい生活。一緒にAnother skyを探してみませんか?

【グローバル投資】わかりやすく仮想通貨:「ビットコイン」牛乳ビンのフタを使って考えてみる

f:id:Kicks2018:20190629052654j:image

一時は、価値ゼロの「電子ゴミ」とも揶揄されたビットコイン

 

今年の上半期で、ずいぶんと値を戻しました

 

そもそも、ビットコインとは何なのか

 

あらためて考えてみたいと思います

 

 

そもそも、お金つまり通貨というものには、次の3つの機能があるといわれています

 

①決済の手段 ②価値の尺度、モノサシ ③価値の保存手段

 

技術は日進月歩とはいうものの、ビットコインの欠点はトランザクションの遅さ、そしてコストの大きさといわれてきました

 

2017年末のバブル期、ビットコインの送金には時間がかかり、またコストも大きく掛っていたのです

 

ビットコインの生い立ちはミステリアスで、サトシナカモトという、日本人のような名前のエンジニアが起源といわれています。ただし、実態は不明です

 

そんな生い立ちも相まって、ビットコインの非中央集権性というものがフォーカスされてきました。

 

どの国家にも紐づけされていない、いわば③究極の価値保存システムというわけです

 

一方で、ビットコインは「電子クズ」と呼ばれることもあります

 

ビットコインの価値というのは、どこかの国の通貨にも、金にも裏付けされていない

いわば壮大なスキャム(詐欺)なのだと

 

ここで価値保存手段としてのビットコインを考えてみます

 

 

子供の頃、友達と「ままごと遊び」はしましたか?「お店屋さんごっこ」とか

 

お店屋さんで買い物をするとき、昔の子供たちは、例えば牛乳ビンのフタをお金に模して遊んでいました

 

ただのフタなので、当然貨幣価値などあるわけがないのですが、子供たちの遊びの世界のなかでは、フタがまさに通貨であり、価値あるものだったわけです

 

牛乳ビンのフタを現代風に言い換えると、コミュニティトークンとでもいうことになりますかね

 

外部の大人たちから見ればただのゴミでも、子供の世界ではまさに価値の保存手段(プラス、この場合は決済手段にも、価値の尺度にもなっています)

 

そんな子供たちも、いつかは「お店屋さんごっこ」に飽きる時がやってくる

 

その瞬間、フタは正真正銘、ただのゴミになり果てます

 

だって、牛乳ビンのフタは、法定通貨にも金にも担保されていませんね

 

当然です

 

しかし

 

もし、子供たちが「お店屋さんごっこ」を止めなかったら?

 

夢から覚めなかったら、フタはどうなるでしょう

 

通貨としての価値を持ち続けます

 

ビットコインがこれからも輝き続けるのか、あるいはただの電子ゴミになって消えるのか

 

それは、将来の私たちが「夢」から覚めるのか覚めないのかに掛かっているのです

 

 

 

 

 

今週のお題「2019年上半期」