【シンプルライフ】Another skyを探す旅

究極に楽しい生活。一緒にAnother skyを探してみませんか?

【グローバル投資】金融庁報告があまりにひどい!(結論:2,000万円あっても幸せには絶対になれない!)

f:id:Kicks2018:20190604221006j:image

先般、金融庁が発表した報告書の内容は、あまりにひどいものでした

完全に国民を馬鹿にしているとしか思えません

 

そもそも、日本における公的年金制度というのは「老齢」「障害」「遺族」といった、誰もが遭うリスクに対し、生活保障をおこなうべきものです

 

そして、この制度は「世代間扶養」という、若手世代が老齢世代(プラス障害、遺族)を支えるという考え方に基づいています

 

つまり、現役世代は現在の子どもたちに、将来の老後を支えてもらうことを念頭に、毎月年金保険料を納付し、実質的に老齢世代を支えているわけです

 

金融庁が報告書で述べているのは、この公的年金制度が国民のセーフティネットとして機能不全を起こすと言っているに他なりません

 

そもそも、こういうことを、なぜ金融庁が言ってしまうのでしょう?

 

公的年金の担当官庁は、金融庁ではなく厚生労働省ではないですか?

 

私たちの年金を運用しているのはGPIF(年金積立基金管理運用独立法人)です

 

そもそも、GPIFにしても、運用に失敗し10兆円以上の損失を出しておいて、なぜ無責任にも国民に投資で資産を増やせなどといえるのでしょうか?

 

国民が投資に成功し、2,000万円稼ぐことができれば、まだマシです

(でも、2,000万円の取り崩しでは、はっきり言って安心した老後など送れません)

 

仮に、もし投資に失敗したら?国はセーフティネットを作ってくれるの?

 

そんなわけがありませんね

 

もう、僕たちははっきりと認識しないとダメです

 

自分以外に、頼るものがないのだと

 

国であっても、信用ができない

 

生活費がないのなら地方への移転も考えろなどと、本当にいいかげんにしてほしい

 

そんなことするくらいなら、僕なら海外に移転します

 

語学ができる優秀な若者だったら、日本に留まるプライオリティは必然的に低くなる

 

2,000万円というのは、確かに大金ではあります

 

しかし…あえて言うと

 

2,000万円では、老後は安心して暮らせない

 

2,000万円を少しづつ削って生活する老後を想像してみてください

 

死ぬまで、お金に窮屈な気持ちを持ち続けることになります

 

死ぬまでです

 

乱暴な記事になってしまいましたが、弊ブログではこれからも、僕たちが日々の暮らしを楽しみ、かつ充実したものにするために、真剣に考えていきたいと思います