Another skyを探す旅

究極に楽しい生活。一緒にAnother skyを探してみませんか?

【グローバル投資】最近よく聞く「FacebookのLibra」って、結局のところ何なのか?

f:id:Kicks2018:20190630054132j:image

 

最近、Facebookの「Libra」がニュースや新聞紙上で取り上げられます

 

これ、一体なんなのか?

 

Facebookのプラットフォーム、つまりシステムを活用した仮想通貨が「Libra」になります

 

Facebookは、ご存知の通り、全世界で使用されるソーシャル・ネットワーク・サービスで、月間アクティブユーザーは約23億人といわれています

 

ここで重要なのが、「Libra」なる仮想通貨が、Facebookユーザーである23億人もの人々に、きわめてスムーズに利用可能になるということです

 

日本でも、最近PayPayやLine Pay、楽天Payなど、オンライン決済サービスが普及しつつあります

 

これらのオンライン決済サービスは、当然ですが日本円と紐づいています

 

PayPayでも、1円は1円。チャージしたお金の価値が変動することはありません

 

Libraの場合は、ステーブルといって、法定通貨に紐づいてはいるのですが、米ドルなどの複数通貨を、ひとつのバスケットに入れるかのように扱います

総合的に価値を算定するということになります

その価値の単位となるものがLibra。独自の仮想通貨による決済システムが構築されます

 

日本でソーシャル・ネットワークといえば、まずLineですね

 

しかし、これは世界の常識ではない

 

Line?何それ?という国も、多く存在する

 

Facebookのほうが、アクティブユーザーがはるかに多いのです

 

Facebookのユーザーが国境を越えて、価値の交換をおこなう。Libraを使って

 

例えば、通貨の外国送金については、これまで金融機関を通じておこなわれてきました

 

金融機関は、SWIFTと呼ばれる決済ネットワークを活用し、国際間の送金を可能にしてきました

 

ただし、これまでの外国送金には、長期の日数と高額な手数料が必要でした

 

また、なによりも昨今、アンチ・マネーロンダリングの観点から、外国送金に対しては相当に厳しい対応がなされてきました

 

これまで、国同士は外貨取引にはきわめて慎重に対策を講じてきました

 

LibraをめぐるFacebookの動きとは、そういった外国送金をも容易におこなえる経済基盤をソーシャル・ネットワーク上に構築しようというものです

当然のことながら、国家としては黙っていられません

 

これからも、Libraについては議論がなされることでしょう

 

ビットコインとはまた違った角度から、仮想通貨の意義が問われることとなります