Another skyを探す旅

究極に楽しい生活。一緒にAnother skyを探してみませんか?

【グローバル投資】時代の寵児 マーク・ザッカーバーグが持つ「明暗」 (誰にでも長短がある)

f:id:Kicks2018:20190710221938j:image

 

Facebookの創業者 マーク・ザッカーバーグといえば、時代の寵児といえます

 

最近では、仮想通貨「リブラ」の計画を発表し、各国の政府・中央銀行を巻き込んで議論を呼んでいます

 

彼が率いるFacebookは、世界を席巻するGAFAの一角として、知らない者はいない存在です

 

Facebookのポリシーは、「スピード」といわれています

 

多少の問題があったとしても、走り出す

 

走りながら修正する

 

これが、同社が成功した大きな原動力と考えられます

 

組織で動くがゆえにスピード感を失いがちな日本企業にとって、Facebookの存在は大きな示唆を含んでいます

 

リブラの評価については定まっていませんが、場合によっては、世界の金融秩序に革命をもたらした英雄として、ザックが名を残すことになるかも知れません

 

一方で、そんな彼の学生時代の評判は、かならずしも良くない

 

ソーシャル・ネットワークという映画では、恋人から「性格がサイテー」と言われています

 

そんな彼女への腹いせに、ブログで悪口を書きまくり、ハーバードのコンピュータをハッキングしたうえ、女の子の顔の格付サイトを立ち上げています

 

大学中から総スカンを食らったザックに声を掛けたのが、ウィンクルボス兄弟です

 

この名前、ビットコインを持っている人なら知っているかも知れません

 

いまやビットコイン長者としても有名です

 

しかし、Facebookのアイディアは、もともとウィンクルボス兄弟のものだったといわれています

 

つまり、ザックは丸パクリしたということになります

 

後に兄弟から訴訟を起こされ、和解金を支払っています

 

こうして書いているだけでも、学生時代は相当な嫌われ者だったことが分かります

 

ヒラリーに勝利したトランプの選挙戦略にも関わり、将来のアメリカ大統領の座も狙っているといわれています

 

個人情報を押さえ、リブラにより世界の金融秩序、通貨発行権を押さえ、米大統領として世界政治の盟主まで考えているならば、もうそれは世界制覇を狙っているとしか考えられません

 

独創性と強い推進力、などといえば聞こえは良いですが、悪く言えば独善。自己中心的

 

マーク・ザッカーバーグという、脚光を浴びる人物であっても、その内実は「光と影」があることは、認識しておいて損はない

 

人間というのはむしろ、浴びる光が強いほど、影も濃くなるのかもしれませんね