Another skyを探す旅

究極に楽しい生活。一緒にAnother skyを探してみませんか?

「家庭内パンデミック」のリスクとどう向き合うか?(コロナウイルス対策) 

f:id:Kicks2018:20200411070906j:image

 

 

ウイルス感染者の増加に歯止めが掛かりません

 

4月10日時点で、感染者は世界で160万人超。死者は10万人を越えています

 

日本では感染者数6千人を越え、153名が亡くなっています

 

「緊急事態宣言」が発令され、国民に一層の自制が求められるものの、他国のように法処罰がともなうロックダウン(都市封鎖)されたわけではない

 

それが、現在の日本の状況です

 

しかし、いずれにせよ感染の波が、すぐ身近に迫っているのは間違いない

 

今日は、いかにして家族(独身の方は、自分自身)の生命を守るのかについて考えます

 

家族全員が感染する「家庭内パンデミック」だけは、絶対に避けたい

 

考えなければいけないことは、いろいろあるのだと思いますが

 

今日、僕からお伝えしたいのは、

 

●自分自身が、コロナウイルスに感染しない。

 

●万が一、感染した場合の「セーフティネット」を確認しておく

 

この2点です。これからの時期は、リスク管理の観点からも「最悪の事態」をある程度想定しつつ、対処法をシミュレートしておくことが大切と思っています

 

 

NY発、家庭内パンデミックの記録

 

4月7日のNewsPicksに、「【NY発】これが「家庭内パンデミック」の全記録だ」という記事が掲載されました

(以下、参考同記事)

 

ニューヨーク在住のクリエイター清水幹太さんの体験に基づく記事です

 

厳密にいうと、清水さんはPCR検査や抗体検査を受けていませんが、医師によるオンライン診断の結果、感染の疑いが非常に高いという診断されたとのことで、その点を考慮いただきたいと思います

 

記事によると、清水さんの家族構成は夫婦と子ども3人の5人家族です

 

清水さんがはっきり体調の悪さを感じた3月19日時点で、ニューヨークの感染者数は1,871名。ちなみに、4月10日の東京の感染者数は1,705名です

 

近似値ですね

 

最初に感染したのは夫である清水さん本人ですが、本人には感染経路に心当たりはなかったとのことです

 

ただし、この頃のニューヨークはまだ、外食していても大丈夫という雰囲気だったらしい

 

また、地下鉄でブルックリン区のオフィスにも通勤していました

 

高熱が続くものの、せきも出ないし、鼻水や下痢も起こらない

 

そんななかで、元看護師でもある奥さんが、サポートしてくれます

 

清水さんは自宅の一室にこもり、家族への感染を防ぐ努力をする一方、奥さんは食事を部屋に運び、その後は手洗いしていたらしい

 

しかし、この時点で奥さんは覚悟していたのでしょう

 

ご存知のとおり、コロナウイルスの感染力は強い

 

日本の感染症病床でもそうなのですが、感染患者に対しては陰圧室という特殊な部屋で病状管理します

 

そうしないと、医療スタッフの二次感染リスクが高まってしまうのですね

 

当然、自宅にそのような設備があるわけもなく、結果的に家族全員が感染してしまう

 

医師とのコンタクトは、電話とオンライン診断だったようです

 

呼吸困難などの重症化の症状には至っていなかった

 

すでに各病院が戦場の状態で、緊急病棟で酸素吸入を受けるのも行列に並ぶ。あくまで対症療法で、自然治癒を目指す。結果、自宅でじっと自然治癒を待つのが、クオリティ・オブ・ライフの観点からも有効だと

 

奥さんは、自分が感染しているにも関わらず、ソバを調理するなど献身的に動いてくれたようです

 

大人は症状が重く(重症化の一歩手前とのこと)、子どもは比較的軽く済んだ

 

いまは、幸い全員が回復されたとのこと

 

僕は、この記事からいろいろなことを考えさせられました

 

そして今の段階で、自分に何ができるのか検討しました

 

 

 

●ニューヨークの実生活は、在住9年目クイーンズボロさんのブログ「リアルなニューヨーク生活!日常の出来事、役立つ情報満載!」が参考になります。NYのコロナ情報も

https://www.qbolog.com/

 

 

 

自分自身、感染しない

 

当たり前と言われればそうなのですが、しかしこれは、すごく大切なことです

 

何はともあれ、自分自身が感染しないように気を付ける

 

政府の「新型コロナウイルスお役立ち情報」にもあるように、基本的な予防策を徹底する

首相官邸HP

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

 

 

感染リスクを高めないために、自分に何ができるか?何をしない(自制する)のか?

 

これをやる。しかないと思います

 

自分が感染すると、家族に感染拡大する可能性が飛躍的に高まりますね

 

家庭内パンデミックは、何としても避けたい

 

しかし、自分が感染してしまうと、はたして家族感染を防ぐことができるのか?個人的には、相当難しいだろうと思う

 

とにかく、水際で食い止める。その努力をする。家族を守るために

 

独身の方は、なおさらのこと。自分しか頼れる家族はいません

 

 

もし感染したら、を想定する

 

もし、自分や家族に感染者を出したら、どう対処するか?

 

これを、実際に起こってからではなく、今のうちにシミュレートしておく

 

日本で医療崩壊が起これば、発症しても自宅待機を強いられる。そんなことになるかも知れません。ニューヨークのように

 

食事の手配はどうする?

 

清水さんのように、例えば自宅にソバのストックがあれば、まだ何とかなるかもしれない

 

それでも、感染して辛い症状を持つ奥さんが、献身的に調理することになるのか?

 

それで本当にいいか?

 

今からできる対策の一例ですが、

 

近隣に住む親類、友人知人と、いざというときのセーフティネット、協力体制が取れるか確認しておく

 

これが確立されていると、さまざまな買い物などをお願いして、玄関先まで届けてもらえる

 

オンラインでできることを確認しておく

 

ウーバーイーツ、ネットショッピングなどでデリバリーできるか?

その場合、配送員の方に感染させるわけにはいきません。十分な注意が必要なのは言うまでもありません

 

 

最悪を想定しておくと、初動が早い

 

いざ、自分や家族の身に降りかかる感染症に対処するために、今のうちから「最悪の事態」を少し想定しておく

 

これが、もしものときの初動を決定的に早めることになります

 

ひいては、家族や自分の生命を守ることになるかもしれない

 

テレビ番組に出演していたGACKTさんのコメントにもありましたが、コロナウイルスの影響によって世界が緊張しています。

 

そんななか、GACKTさんが言う、日本は

 

狂っている、緊張感が足りない

 

これが、世界の多くの人から見る、日本人の意識への実感なのだと思います

 

たんに日本批判ではなく、世界中のスタンダードな危機意識との乖離

 

まだ、今なら間に合うと思います

 

我々は、想像力によってリスクを回避できると思っています