【シンプルライフ】Another skyを探す旅

究極に楽しい生活。一緒にAnother skyを探してみませんか?

【日常を楽しむ】 「最高の人生の見つけ方」 最高はどうすれば見つかるのか?

f:id:Kicks2018:20191002230511j:image

 

10月11日から公開される映画「最高の人生の見つけ方」についてですが、もともとは2007年公開のハリウッド映画のリメイクです

 

リメイク版では吉永小百合さんと天海祐希さんの女性2人が主役ですが、原作はジャック・ニコルソンモーガン・フリーマンという、こちらも名優の男性2人が演じています

 

シナリオは脚本好きなら誰でも知る浅野妙子さんで、「死ぬまでにやりたいことリスト」の内容が、原作からいろいろと変更になっているようです

 

原作とリメイク版。シナリオに変更点はあっても、双方に共通しているのが

①2人とも余命宣告をされていること

②「死ぬまでにやりたいことリスト」を実行しようとすること

です

 

人生のエンドが決まっている人間にとって、残り時間がいかに貴重なものであるかは想像に難くありません

 

残された時間をいかに有効に使うか

 

彼女ら(彼ら)が考えたのが、死ぬまでにやってみたかったことを次々に実行していくことなのです

 

 

ここで思うのは

 

何も、余命宣告を受けなくても、今のうちから「やりたいことリスト」は作れるということです

 

少なくとも多分、僕らには映画の彼女らよりは人生に残された時間が多いはず

 

であれば

 

「やりたいこと」も、より多く実行できますね

 

「やりたいことリスト」を作るのは、最初のうちはテンポ良く進むのですが、途中からスピードが落ちていくものです

 

つまり、自分が思っているほどに、やりたいことが明確に意識できていないのだと思います

 

でも、やる

 

自分の内面を掘り起こす作業になるかも知れません

 

リストを作る時間

それ自体が、本来とても貴重な時間であると思うのです

 

「やりたいこと」といっても、いろいろありますね

 

すぐできそうなこと。時間が掛かりそうなこと

 

自分に遠慮せず、図々しく書き進めます笑

 

時間がかかることであっても、とりあえず僕たちは余命宣告を受けているわけではない

 

やる気さえあれば、何とかなるでしょう笑