Another skyを探す旅

激変する世界を生きるヒント。それは自分の足元にある

手持ちの洋服を厳選する:オーダーメイドが結局のところ、コスパ最高だと思っている

f:id:Kicks2018:20200222171152j:image

 

毎日、シンプルな暮らしを心がける

 

そんなことを考えるとき、洋服の問題から目を背けることはできないですね

 

 

自分が本当に気に入ったアイテムを、ミニマムな数量で暮らす

 

そんな生活が理想と、僕は思っています

 

 

 

洋服の総量を知る

 

以前弊ブログで、洋服の買い方に関する記事を作成しました

 

www.glocal2019.com

 

 

お伝えしたかったのは、まず自分の手持ちの服の総量を知るということ

 

 

総量を管理しつつ、ショップで気に入ったアイテムを見つけたときには、価格に躊躇せず購入する

 

 

目指すのは、本当に気に入った服、それも厳選し、数量をコントロールして暮らしていく

 

 

好きな物に囲まれて暮らす

 

 

結局、洋服のセンスを引き上げることにつながる

 

 

もっというと、それは投資のセンスにも通じるものがあるはず

 

 

そんな内容の記事でした

 

 

 

アイテムを厳選するとは?

 

 

今日はちょっと、内容が男性のアイテムの話に偏るかもしれませんが

 

 

例えば、ビジネススーツ

 

 

ビジネスでふだん使いする方も、カジュアルな服装で過ごす方も、おそらく一着くらいはスーツを持っているでしょうね

 

 

 

最近は以前と比べて、オーダーメイドでスーツを作る人も増えてきているような気がします

 

 

なにも、高級志向が良いという話ではなく、自分に合った服を手に入れるには、オーダーメイドが最短距離ということになると思っています

 

 

パターンオーダーであれば、かなりの低価格でも作ることができるようになっています

 

 

ブランド物でも何でもそうなのですが、既製のスーツを着るというのは、やはりどうしても、スーツに自分を合わせることになってしまう

 

 

最近、各メーカーでは日本人の体型を徹底的に研究しており、最大公約数的なフィット感を求めるのであれば、選択肢は相当に多いと思います

 

 

しかし、

 

試着をすれば分かりますが、そうはいっても各人で体型は様々ですし、どうしても袖丈や着丈を詰めたりといった調整が必要になるものです

 

 

襟の大きさや肩幅などはそのままなのに、袖や着丈だけを短くすれば、全体感で見たときのバランスが崩れるのは当たり前です

 

 

それと比べると、オーダーメイドは、すべてを自分自身に合わせることになるので、妥協というものがない

 

 

自分にとってベストなスーツが手に入ることになります

 

 

納得のいく服を長く着ることになるので、結局のところコストパフォーマンスの観点からも効率が相当に良いということになる

 

 

 

まずは「シャツから」も一法

 

 

そうはいっても、今までも既製のスーツを着てきたし、特段問題もないし

 

 

そのような意見もあって当然です

 

 

そのような向きには、とりあえずワイシャツをカスタムで作ってみることをお勧めします

 

 

今は梅雨の時期なので、クールビズの期間中ですね

 

 

カジュアルOKの職場も増えていますが、やはりワイシャツにノーネクタイが基本だというトラディショナルな環境であれば、シャツをオーダーすると、シルエットが格段に変わります

 

 

これは、まぎれもない事実

 

 

僕も、ワイシャツを着る機会が少なくありませんが、シャツに関してはすべてオーダーしています

 

 

オーダーメイド以外のワイシャツは、持ってません

 

 

僕の場合は、ちょっと変わったネーム刺繍の入れ方をするので、自分のシャツだとすぐに分かります

 

 

といっても、大切なのは刺繍ではなく、シルエット

 

 

実は、シャツほどシルエットに違いが出る服もないと思っています

 

 

スーパーや量販店などで既製のシャツを購入することもできますが、ハズレを掴むと、ぶかぶかの布の袋を着ているような状態になりかねません

 

 

例えば、あなたがフィットネスで身体を鍛えているとすれば、筋肉の付き方はあなた独特のものになっているはず

 

 

既製のシャツで余分なシワやたるみのある格好をしていたなら、それはあまりにもったいない

 

 

ワイシャツの色は白が基本といわれます

 

 

白いシャツであれば、既製品でも手に入れることは容易です

 

 

しかし、特に、

 

白という基本的な色だからこそ、シルエットがものをいう

 

 

結局のところ、オーダーメイドにコスパでまさる既製品はないと、これは本気で思っています

 

 

多少、値が張ったとしても、一度オーダーメイドのシャツに袖を通すと、その威力を手放すことはできなくなるはずです

 

 

というか、

 

最近はインターネット上でも、信じられないくらい低価格でオーダーシャツを作ることが可能になっている

4980円~の高品質オーダシャツ【Solve】

 

 

パターンオーダーだと、実店舗では1万円からというのが、おそらく最安値圏でしょう

 

 

コロナの影響がふたたび強まろうとしている今、

アパレル業界では、これまでの実店舗ビジネスではありえなかった、既存スキームの破壊が起こっていると感じます

 

 

消費者である我々は、良いところを最大限活用させていただく

 

 

そんなやり方が、これからの賢い服の選び方なのだろうと思ってます