Another skyを探す旅

究極に楽しい生活。一緒にAnother skyを探してみませんか?

捨てる作業が一番つらい:1年使わなかったものは、「多分」二度と使わない

f:id:Kicks2018:20191214043654j:image

 

今日は、ものを捨てるということについて考えます

 

結論から言うと、1年間使わなかったものは、多分ですが、二度と使いません

 

なので、捨てます

 

 

 

 

掃除にもいろいろあって、散らかっているものを整えて並べ替えたり、磨き掃除をしたり

 

 

ただ、掃除のなかでも難しいのが、ものを捨てるという作業です

 

自分の身近にあるものは、何らかの理由で自らが引き寄せたものです

 

これらを捨てるのには、大なり小なりの「決断」が必要となります

 

この決断が、頭を消耗することになる

 

掃除の疲れというのは、身体の疲れもありますが、往々にして精神が疲れるのですよね

 

しかし、この作業をやらないわけにはいかない

 

これが出来ないと、家中が不要物であふれかえることになります

 

 

 

 

ものが捨てられないというメンタルバリアを取り払うために、一定の基準を作ることが有効です

 

それが、「一年ルール」です

 

確率論的に、1年間使わなかったものは、ほぼ確実に、それ以降も使わないといわれています

 

なにしろ、1年間触らなくても、我々の生活に支障を来たさなかったのは事実です

 

万が一、ミスジャッジをして捨ててしまっても、多くのものは買いなおすことができる

 

 

 

 

最悪、紙媒体のものなどは、データとして保存してしまえば、無尽蔵に収納可能です。ただし、そんなことをする時間がもったいないと思います

 

多くの情報は、ネット検索で再入手可能です

 

 

 

 

新しい何かを手にするためには、捨てることにより、自らのバッファを確保しておくことが必要です