Another skyを探す旅

激変する世界を生きるヒント。それは自分の足元にある

決断は「なるべく早く」。時間が経つと動けなくなる理由

f:id:Kicks2018:20211214220709j:plain

何かを思い立ったら、初動の一手は、なるべく早く。
とにかく、時間を掛けないことを心がける

これは、我々が何か行動するうえで、是が非でも意識したいルールです




「5秒ルール」


メル・ロビンス女史が提唱したといわれています

アメリカで弁護士を務める人物です。

テレビコマーシャルのロケット発射シーンから閃いたといわれる「5秒ルール」

女史は、これで人生を大きく変えました



人間というものは、時間が経てば経つほど行動ができなくなる

現状維持バイアスが働くのでしょうね



5秒を経過すると、なにか適当な「やらない理由」を考え始める

それは、思慮深いのではなく、単に怠惰の習性に呑み込まれているだけなのかも



行動力のある人と、ない人

両者の差は、実は5秒以内に動き出すか、6秒経っても止まったままか。
その「1秒の差」だけなのかもしれない



だとすれば、5秒ルールを自分の習性にすることで、今より広い世界を知ることができるのでしょうね