【シンプルライフ】Another skyを探す旅

究極に楽しい生活。一緒にAnother skyを探してみませんか?

【日常を楽しむ】 「英語が話せる」とは、何をもって「話せる」というのか?

f:id:Kicks2018:20190827221506j:image

 

日本人で、「私は英語が話せます」と自信を持って言う人は、あまりいないような気がします

 

日本にも、外国人がずいぶん増えました

 

外国人と話していて、例えば「英語うまいね」と言われ、ありがとう!などと返す日本人はひょっとして少ないのでは?

 

むしろ、いや...それほどでも、みたいな対応になりがちではないですかね。想像ですが

 

西澤ロイさんの著書「英語を『続ける』技術」によると、コミュニケーションに困らない程度の英語を身に付けることは、誰にでもできるのだそうです

 

目次を見るだけでも、インパクトのある見出しが並びます。例えば

 

「単語」は中学レベルで十分

 

とか

 

「発音」がよくないのは日本人だけではない

 

とか

 

中学の「文法」だけで十分すぎる

 

とか。

 

日本人の2、3人に一人は、英語が嫌いなんだそうです

 

難しい、好きじゃない、できることならやりたくない

 

確かに、苦手意識があることには、人間誰しも消極的になりがちですね

 

これだけ、周囲に外国人が増えているのですから、英語を「学問」ではなく「生活」に取り入れることができれば、私たちの英語力は飛躍的に伸びるでしょうね

 

中学生レベルの単語や文法ならなんとかなるかも

 

「英語うまいね」と言ってくれた外国人、お世辞じゃなくて、ひょっとして本当に思ってくれたのかも知れません

 

誰も英語を話そうとしない日本のなかで、ちょっと話してみようと思っただけでも、「うまいね」の仲間入りできるのかも知れないですね