Another skyを探す旅

究極に楽しい生活。一緒にAnother skyを探してみませんか?

苦難のダイエットからの、バルクアップ (命の危険とひとり人体実験)


なぜ人はダイエットをするのか?


やせたいから


では、やせてどうするのか?


ここがハッキリしていないと、
ダイエットというのは命取りになる!


これは冗談抜きです


過去に2か月で8キロやせて、ハッキリと分かったことがあります


単純に体重だけ落としても、なにも満足できない!


当初の目標に掲げた減量には確かに成功したものの、身体が見た目、イメージ通りにスリムになっていない...


おそらく、急激なダイエットによって脂肪よりもむしろ、筋肉が落ちていったのだと思います





運動は、ちゃんとしていたはず


ジムにも通っていた


しかし、栄養バランスは十分ではなかったのだと思う


筋肉を維持しながら、脂肪だけを燃焼させてダイエットすることがいかに難しいかを、思い知った


こういう状況に置かれた場合、人によっては、さらに減量を続けようとするかも知れない


となると、それはもう、命の危険につながると思う


本気で





なぜ人はダイエットするのか?


ただ体重を減らせばいいってものじゃないですね


本当の健康を手に入れるため


そして、キレイなラインの身体を手に入れたい!


そこで、その後3か月間の体重プラマイゼロの期間を経て、ボディメイクの第2フェーズへ挑戦することを決意したのです


それが、リーンバルクアップでした


つまり、筋肉をていねいに増やすことにより、キレイな線の身体を作る!


これに挑戦しました


やはり目的が明確になっていないと、ダイエットでも何でも、結局はうまくいかないのですよね



「LIFE SHIFT」リンダ・グラットン教授も指摘する、日本の旧態崩壊

f:id:Kicks2018:20190724192456j:image

 

以下引用

 

日本の特徴だった終身雇用は徐々になくなりつつあると思う。


終身雇用での企業と社員の関係は親子の関係に近いが、今後は企業とスキルを持った人材とが契約で結ばれる大人同士の関係が増えるだろう

 

ロンドン・ビジネススクール教授
リンダ・グラットン

 


先生の指摘を待つまでもなく、日本企業は終身雇用を維持できなくなりました

 

教授がいう大人同士の関係

 

企業だけではなく、働き手にも大人であることが求められます

 

きっと、我々は今まで、日本の社会という温室に匿われた子どもでしかなかったと考えるべきでしょう

 

僕も変わらなければならない、あなたはどうですか?

 

自分自身のなかで、すでに目指すゴールが見えているはず!

 

今日は、目標設定について考えます

 

目標と目的は違うと考えています

 

「目的」のイメージは、山の頂上です

 

「目標」のイメージは、途中にある案内の道しるべです

 

まず、目的を立てて、次に現状を分析することが必要だと思っています

 

目的と現状を線で結ぶと、そこには目的を叶えるために、私たちがやらなければならない課題が、浮き彫りになって現れてきます

 

まるで、山頂に続く一本道のようにです

 

 

 

 

でも、人間は、いつもモチベーションを高どまりで維持し続けることはできないです

 

ときには、疲れた自分を騙しながら、なんとか歯をくいしばってやろうと試みたり

 

消耗することもしばしばです

 

 

そんな時、向かうべき道の途中に、道標があったら、少しはやる気を維持できたりするのではないかと思います

 

それが目標ではないかと考えます

 

 

道標、つまり目標は、自分で思いのままに設定すれば良いのではないでしょうか?

 

ただし、いつまでに、とか、何を、どこまで、とか、くらいは決めておかないと、目標としての価値があまりなくなる気がします

 

でも、小刻みな目標も、大きな目標であっても、自分に合うやり方で設定すれば、それはそれで良いと考えます

 

 

小さな目標であっても、達成すれば、それは自信につながります

 

なんといっても、目的という、自分が自分であるための定点に向かって歩んでいるという確証が持てます

 

人生というのはドラクエのようにレベルなどで表せません

 

現状分析で味わった「現実の直視」から、小さな目標達成により得た、ささやかな「自己肯定感」

 

この落差が、ものすごく気持ちいいわけです

 

とブログで書くだけなら簡単なのですが、これを行動に移さなくてはなりません

 

 

私など、これからの人間なので、まだまだです

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます

 

きっと、努力を人よりも続けられる人は、必ず成功することができますよね 

 

 

中学レベルの英語でも、海外旅行がもっと楽しくなる(どんどん使う。それしかない!)

f:id:Kicks2018:20190703190019j:image

 

年末年始、海外旅行を計画している方もいるでしょうね

 

 

海外旅行も随分と安く行ける時代です

 


近隣のアジア圏内だと、国内旅行と遜色ないコストで行けます

 

 

海外旅行で、使えると助かるのが英語です

 

 

 

 

堀江貴文氏の「英語の多動力」によると、英語の上達を目指すより、むしろすぐにでも、とりあえず知ってる英語で喋ってみれば良いそうです

 

そもそも、言語というのは、自分の思いを相手に理解してもらうためのツールですね

「美しい英語」などどカッコつけるのは二の次でしょう笑

 

英語ネイティブなわけではないですからね

 

相手に、こちらが伝えたいことを汲み取ろうという意思があれば、なんとかなると思うのです

 

自分も、分からないなりに、なんとか理解しようとする

 

すると、身振り手振りもあったりで、なんとなく分かったりする笑

 

 

 

よく考えると、外国に行かなくても、今の日本には外国人がたくさんいます

 

 

英会話学校のことを悪く言うつもりもないのですが、1時間1万円とか払わなくても、いくらでも英語で話す機会が作れます

 

 

日本語のみで、日本人だけを相手にするのと、英語を使って外国人とも話すのでは、単純に情報の量が違います

 

英語人口(公用語、準公用語)は世界で21億人といわれています

 

日本語人口の21倍ですね

 

 

 

とりあえず会話を楽しむには、中学レベルの力があれば、もう十分と信じて、しゃべってみる

 

 

僕の知人(外国人)で日本語がすごく上手な人がいます

 

 

どうやって日本語を勉強したのか聞くと、一言、YouTubeと言われました

海外では本の値段が高いので、日本語の本は持ってないそうです

 

 

でも、むちゃくちゃ日本語上手いです

ていうか、3ヶ国語とか4ヶ国語使える外国人って、わりといます

 

 

日本語話せる時点で、たぶん母国語、英語、日本語のトゥリリンガルです

 

 

 

 

一方で、日本人って英語の勉強量が少ない、それも絶対的に。とも思います。 自分も含めて

 

 

東南アジアでは、例えば韓国人の存在って、結構目立つ

 

ご存知かも知れませんが、韓国の若者って、自国で就職するのが難しかったりする

 

職がないんですね

 

そんな彼らが、仕事や留学で海外に出てます

 

 

 

 

彼らと日本人の違いのひとつ
英語の勉強量

 

 

今後、否応無しにグローバル化が加速していくなかで、

 

 

このままだと、負けるかもしれない

 

 

ただでさえ日本の経済的優位性が低下していると言われるのに、多分英語が、日本人のプレゼンスを落とすトドメになる

 

 

みたいなことを、いろいろ考えさせられます

 

 

やってみれば英語って結構使えるし、もっと使いたくなる

 

 

そうありたいです

 

 

筋トレを始めると、服が「似合ってくる」ことについて考える

f:id:Kicks2018:20190808192524j:image

 

筋トレをやり始めた人が次第に気付くことがあります

 

それは、なんとなく服が「似合う」ようになること

 

筋トレによって体型がしっかりしてくると、身体のラインが整ってくるため、服を着ると今まで以上にかっこよく見えます

 

 

男性だと、筋トレによって、特に肩や背中、胸が発達してくると、きれいな逆三角形に近づきます

 

女性の場合でも、身体のラインがはっきりし、メリハリが一層付くことでしょう

 

よく女性で、マシントレーニングなどをやると筋肉ムキムキになるから嫌だ、とかいう人がいますが、残念ながら、心配するほど簡単に筋肉は付いてくれませんから笑

 

 

 

 

今まで運動していなかった人であれば、なおさらトレーニングの効果を実感できるのではないでしょうか

 

 

特に、これからのような秋も深まってくる時期、暖かい衣類が欲しくなります

 

最近では、薄手で高機能の冬服も多いですが、とはいえ着太りになるのは嫌ですよね笑

 

洋服の似合う、似合わないは、実は体型によるところが大きいと思うのです

 

今まで持っていた衣類が、なんとなく似合わないなと感じたら、体型について再確認すると解決策が見つかるかもしれません

 

11月も中旬に差し掛かり、あと1ヶ月もすれば、もうクリスマスシーズンです

 

 

冬物を準備するのとあわせて、体型を整えてみると、きっとアイテムの選択肢が広がってくるでしょうね

 

 

クルマは3大出費のひとつ 10年落ちの中古車でいけるか?

f:id:Kicks2018:20191109095124j:image

 

家族世帯などで、住宅、保険とならぶ「3大出費」といわれる自動車について考えます

 

 

 

 

 

クルマを持たないという選択 

 

 

もちろん、クルマなど必要ないという方も多いはず

 

クルマがなくても生活に支障がないという場合は、持たないことが大きな節約につながります

 

これからは、カーシェアリングなどの効率的な活用形態が、さらに一般的になってくるでしょうね

 

 

 クルマが不可欠な場合

 

 

なかには、クルマが生活に欠かせないという方も多くいます 

 

では、どんなクルマに乗るのが経済合理性にかなうのか

 

 

 クルマは、本当は新車を買うのが一番コスパが良いと思っています

 

 

ただし、いくつか条件があります

 

ていねいに乗ること、そして、最後まで乗り潰すことです

 

最近の自動車性能は格段に向上しているといわれています

 

各メーカーの耐久保証期間は、かつての10年10万キロから、現在は15年20万キロに延びています

 

新車を買って、ていねいに乗って、15年間で乗り潰す

 

場合によっては、もっと長い期間、乗ることも可能でしょう

 

ただし、あまりに古いクルマだと、メーカーの部品在庫がなくなる心配があります

 

いくら節約のためといっても、部品の調達も危ういクルマに乗るのは、安全上の面からもよろしくないでしょう

 

 

ただし、デメリットもあると思います

 

大きなデメリットは、飽きるということです笑

 

というか、独身の方がクルマを買う場合、その後、結婚や子どもが増える、年老いた祖父母や両親を乗せる機会が増えるなど、ライフサイクルの変化によって使いやすいクルマは変化していくものでしょう

 

クルマを複数台所有できて、趣味によって使い分けるという人は別です

 

そもそも、そんな人はコスパなど気にしないでしょう笑

 

クルマには、さほどこだわりがないけど、それなりに使いやすくて楽しめるクルマに乗りたい

 

そんな人の目線で考えてみます

 

 

10年落ちの中古車価格は、かなり下がる

 

もちろん、人気車種のなかには高値を維持するものもあります

 

頭文字D」の主人公、藤原拓海の愛車であるトヨタ・トレノAE86などは、今から30年近く前に製造された大衆車であるにもかかわらず、いまだに200万円台で販売されているケースはザラです

 

また、ランボルギーニフェラーリといったイタリア車なども、中古市場では高値で売買されているようです

 

 

しかし、このような趣味性の高いクルマでなければ、10年落ち車の一般的な販売価格は、新車価格の10分の1程度になっていることも多い

 

新車価格では手が出なかったクルマでも、さすがに10年落ちともなると、かなり手が届きやすくなります

 

ライフスタイルに合わせ、5年程度を目処に、比較的短期間で乗り換えを繰り返したとしても、10年落ちのクルマであれば出費も抑えられますね

 

もっとも、クルマの維持には2年ごとの車検が不可避なので、いつ乗り換えるかは、車検のタイミングも考慮すべきですね

 

 

5年を目処にするということは、タイヤの平均寿命を3年から4年と考えると、1回の買い替えで済みます

 

タイヤもきっちり使い切ることができます

 

もちろん、経年劣化しているクルマなので、オイル交換等のメンテナンスはしっかりやらないと故障に直結します

 

もうひとつ、10年落ち車であれば、実質的に車両の残存価値はほとんどないと考えられます

 

ということは、もし万が一、事故を起こしてクルマが破損した場合も、修理するより買い替えしたほうが経済的かもしれない

 

そのようなクルマに高額な車両保険を掛ける必要もありませんね

対人対物無制限の保険にしといて、自分のクルマに車両保険は付保しない

 

10年落ちの中古車に乗るというと、ずいぶんとケチに感じるかもしれませんが、クルマに関する経済的負担がグッと軽くなるのは間違いありません

 

経済的にも、精神的にも、生活をミニマイズすることにつながります

 

クルマ以外の、他のところにもっと気を配る生活に切り替えていくというのは、一考の価値があるように思えるのです

 

 

ダイエットによって、何を目指すべきなのか?


断食も行いながら、体重の減少にこだわったダイエットに挑み、過去に2ヶ月で8キロ削減しました


しかし、必ずしも自分が望んだような成果は得られませんでした


体重は減少したものの、脂肪よりもむしろ、筋肉から落ちてしまっていたのだと思います






その後、栄養素に気を付けながら、筋トレも継続しながら実感したのは、少しずつ身体の線が変わってきたことです



肩幅がダイエット前の水準に戻った


大胸筋が大きくなってきた


なんとなく、上半身が厚くなってきた

など


体重については、かつて8キロ減量していたものを、逆に5キロ増量しました





自分は何を目指していたのか?



ボディビルダー?違うな



最近よく聞くやせマッチョ?うーん、健康的でスッキリとした身体が欲しいとは思う



ただ、これだけは分かりました



ダイエットを体重からの一側面だけで判断するのは良くない



体脂肪率とかも気を付ければいいけど、なによりも鏡で自分の身体をチェックすることが大切だと思います



これだけで意識が変わるし、なにより鏡を見るだけだから簡単です







本当にボディメイクができている人から見ると、本当にまだまだな話なのですが、たった2、3か月でも身体は面白いように変わることが分かりました



今も、ボディメイクに取り組んでいます


もう少しの間、ひょっとしたらずっとかも。がんばろうと思っています