Another skyを探す旅

激変する世界を生きるヒント。それは自分の足元にある

日本の会社が、海外の求職者から相手にされなくなっている事実

f:id:Kicks2018:20200831215806j:plain


日本の企業が、海外で優秀な人材を集められなくなっているという事実



日系企業現地法人が苦境に立たされています

製造部品の供給が止まってしまう、いわゆるサプライチェーンの寸断ももちろんなのですが、

慢性的な問題として、優秀な現地スタッフを集められなくなっているのです


何故なのでしょうか

今日はその理由を考えてみます



この問題を考えるという事は、今騒がれている、日本での雇用流動化、「ジョブ型雇用」への移行についても考えることにつながるのかと思います


共同通信系の海外サイト、NNAから「優秀人材の採用に苦戦する日系企業 その原因と対策は?」2020.8.26を参考にします



f:id:Kicks2018:20200831220853p:plain



給与設定が決定的に低い


なんといっても、日系企業に現地の優秀なスタッフが集まらなくなった最大の理由は、給与が安いことです


現地の労働者が、日系企業の給与が安いことを理由に、中国など他国の現地法人を転職先として選択するのは、もはや当たり前のことです


海外では、日本と比較にならないくらい転職が一般的です


転職の大きな理由はさらなる賃金の向上です

その望みを、日本企業でかなえることが難しくなってきています


日本だと、転職をしても前職の給与を上回る事が、現実問題としてなかなか難しい場合があるかもしれません

良くて現状維持とか、場合によっては大きく下げることもあり得ます


しかし海外では賃金増を目指すのは、ごく当たり前のことです

転職イコール、キャリアアップに他ならないからです


つまり、転職者に好条件を提示できないということになると、日本企業はおのずと選択肢から外れます


これはアジア諸国で見られる現象であって、マネージャー職以上の有能な人材になればなるほど採用が難しくなると言われています



日本では10年以上、働き手の賃金伸び悩みが話題になって久しいですが、
その理屈を海外に持ち込んだ日系企業現地法人は、現地の転職者から相手にされなくなりつつあります




f:id:Kicks2018:20200831220917p:plain




二つ目の問題は、転職者が納得できる十分なステータスを準備することがなかなかできない


海外で働くと分かるのですが、
「マネージャー」や「バイスプレジデント」、「スーパーバイザー」といった、日本人からすると大変に重い(高い)ステータスを持つ労働者は、意外と多い


日本だと、転職すると、場合によっては「肩書なし」のヒラ社員から再出発するケースも少なくないでしょう


一方、海外ではそのような考え方は、基本的にあまり通用しません


つまり、誰もなかなか入社してくれません


なぜ今までのステータスをゼロ評価されるのか、外国人は理解できないでしょう


これまでの職業人生を認めてもらえないと感じたなら、そのような会社に誰が入社するでしょうか?




f:id:Kicks2018:20200831220957p:plain



さらによく聞くのは、採用面接時にやたら細かく、やたら厳しく、ハードルの高い面接試験を行う場合が多いようです


慎重と言えば言葉は良いのでしょうが、ただでさえ条件が良くない日系企業に、そんな高いハードルを課して、誰が入社してきてくれるのでしょうか?


そのうえ、日本語というマイナー言語を強いられるとかいう事にでもなれば、もういい加減にしてくれということになるのも仕方ありません




f:id:Kicks2018:20200831221014p:plain


ここで、日本を振り返りたいのですが、


雇用の流動性などと謳われながら、今なお日本での転職は海外と比べて流動化しているとはとても言えない状況です


そんな中で、ジョブ型雇用への転換などと言葉だけを上滑りさせても、システムとして定着させる事は困難を極めるでしょう


これまで日本で、
企業と働き手が何を約束し、何をお互い守ってきたのかをもう一度振り返らなければ、雇用システムの転換は単なる言葉遊びで終わっていくことだと思います


海外とは異なり、
これまで日本型システムで働いてきたビジネスマンにとって、メンバーシップ制からいきなりジョブ型雇用への転換専門的スキルの重視などと言われてどのように対応できるのでしょうか



ジョブ型雇用を、企業の利益からしか考えない企業、つまり、
社員切捨てでやっていけると考える企業は、早晩消えるでしょう


企業だけの利潤を考えるあまり、働き手の気持ちを踏みつけるような企業は、海外だけでなく日本でもいずれ相手にされなくなるのではないでしょうか


「新しい働き方」に対応できていないのは、働き手だけの問題ではなく、実は企業側にとっても同じことなのです


なので、今日本の会社で働く人は、マスコミなどが声高に言うことに、必要以上に怯える必要はない


確かに、自らのスキルを武器に働く時代、いずれ来るでしょう。しかし、それは働き手のニーズをも十分に捉えたものでなければなりません


コロナ禍のこのタイミング、我々は将来の雇用に必要以上に動揺するのではなく、ぜひ自分を見つめることに時間を使いましょう


逆に、働き方や働く会社を、こちらが選んでやる、自分でコントロールしてやる、くらいの気持ちが大切なのかなと思います

「今日」という日は、今日一日しかない。「今」という時は、今の一瞬しかない

f:id:Kicks2018:20190817220408j:image

 

「今日」という日は、今日一日しかありませんね

 

「今」という時も、今、この一瞬しかありません

 

あなたの大切な一瞬、このブログを訪問してくださって、ありがとうございます

 

 

何かを始めようと思ったとき

 

僕は今すぐ始めたいと思う

 

あなたにも、ぜひ今すぐ始めてほしいと思っています

 

 

 

「雑草」が知るブルーオーシャン これからの生存戦略を考える

f:id:Kicks2018:20210123185107j:image

これからは、雑草のように生きることを意識する

 

それが、「生きやすさ」につながるかも知れません

 

 

雑草は、じゃま者扱いされる存在です。

しかし、世の中に「雑草」などという植物分類などなく、要するに人間にとって必要ないとされた草を総称して雑草と呼ぶ

 

 

人間に栽培されるでもなく、自らが置かれた環境にうまく適応して成長していく。

コロナの終息がみえない混沌とした時代にあって、このような生き方こそが求められるのではないか

 

そんなことを考えます

 

 

今日は、静岡大学の稲垣栄洋先生の著書「雑草という戦略」をヒントに考えてみます

 

 

 

 

f:id:Kicks2018:20210123185706j:image

 

雑草というのは、自分の置かれた環境によって成長の仕方を合わせる。なので、一概に図鑑どおりに育つわけではないらしい

 

植物の世界というのは、人間から一見すると、調和のとれた美しい世界のように感じます。しかし、裏では激しい生存競争にさらされている

 

優勝劣敗の過酷な世界なのです

 

そういう意味では、雑草というのは、環境適応力にすぐれたポテンシャルを持っている

 

ではなにが「優」で、なにが「劣」なのか?

 

植物が持つ強さには、いろんな切り口がある。正論だけでは通用しない世界があるでしょう

 

ただ言えるのは、厳しい環境変化に対し、いかに柔軟に適応していくかといったことがひとつ大切な「強さ」になる

 

それがアスファルトやレンガブロックのせまい隙間のような、ニッチな世界であってもです

 

それが、雑草の生存戦略なのです

 

 

 

 

f:id:Kicks2018:20210123185717j:image

 

雑草の、このような戦略をCSR戦略と呼ぶらしい

 

といっても、Corporate Social Responsibility、社会的責任の意味ではありません

 

Competitive(競争)、Stress tolerance(ストレス耐性)、Ruderal(適応力)

 

置かれた環境が激変すればするほど、適応力を持つ雑草にとっては有利にはたらきます

 

「弱者」としての雑草にも、チャンスがあるということです

 

人間だれしも、大きな変化に直面するのは不安になるし、恐怖を感じるものです。

しかし、考えてみると、コロナ禍というのは、これまで「勝ち組」とされた組織や個人が思うように力を発揮できない時代でもあります

 

そんななかにあって、これまで日の目を見なかった者にとっては、もしかするとチャンスが訪れているのかもしれない。気付いていないのは本人だけかしれません

 

一歩が小さくても、チャレンジを続ける。失敗も重ねながら、自分の歩く道を柔軟に選ぶ

 

はたから見ればアスファルトやレンガブロックの隙間ていどのものであったとしても、実はそれが未来につながるブルーオーシャンだったということもあり得ます

 

時分の置かれている状況を冷静に分析しつつ、小さなチャレンジを続ける

 

なんとか、せまい隙間に根が張れないものか。そこにトライしてみることが大切なのかも知れません

 

「勝ち組」たちが決して目指そうとしない世界を知っているのは、気付いたら自分だけだった

 

 

 

f:id:Kicks2018:20210123185733j:image

 

今、多くの日本企業が世界間競争に劣後しはじめている。それは、なぜなのでしょう?

クリエイティビティやスピード感の欠如でしょうか

 

コロナウイルスは、日本の良い面も、悪い面も浮き彫りにしました

日本はIT後進国だったなどといわれるように、問題点も顕在化しました

 

自分の軸足を明確に決めて、時代の流れに柔軟に適応する。企業よりも、むしろ個人のほうがスピード感をもって動きやすいかもしれません

 

そういう意味では、これから個の力がものを言う時代になっていくのかもしれません

 

 

我々は、2030年の未来から来ている。 とすれば、何ができるだろうか?

f:id:Kicks2018:20200822230023j:image

 

私たちは、2030年の未来から来ている

 

と言われても、

 

は?なにそれ?

 

ということになりますかね、当たり前ですが

 

頭おかしい?たしかに、突拍子もない話なのですが、

 

しかし、2021年に生きている我々は、

 

あー、10年前に戻りたいな、と思うことがないでしょうか?

 

10年前、2011年の自分は、当然ですが、今より10歳若い笑

 

体力も当然あって、無理も利くし、徹夜なんか全然問題ないし、頭も冴えているし、顔にシワもシミもないし、肌に張りもつやもあるし

 

みたいなことですね

 

それもそうですが、

 

10歳若ければ、あんなこともやってみたいし、これもできたのに

 

という後悔

 

考えてみると、我々は、後悔するのが本当に得意ですね

 

 

 

f:id:Kicks2018:20200822230413p:image

 

しかし、考え方の問題でもあるのですが、

 

2030年の未来の自分から見ると、現在2021年の自分というのは、10年前の自分であるわけです

 

あのとき、やりたいことをやっておけば良かった

 

将来、そんな後悔をするくらいなら、今現在の自分が早速やってしまう

 

そう考えると、何でもできてしまうのではないか?

 

最近そんなことを思います

 

なぜか?

 

世の中、コロナウイルスや不景気の問題で、完全に萎縮していますね

 

自宅の外に出るのがおっくうになりがちです

 

逆に考えると、何かをせずに「自粛」するための好都合な言い訳がある

 

確かに、何かをゼロから始めようとするとき、社会環境が逆風に作用するのは事実かもしれない

 

しかし、一方で、10年後の自分からみると、現在の自分はまだまだ体力も充実しているし、気力もあるし、とにかくエネルギーがまだまだある、はずではないでしょうか?

 

であれば、いろんな逆風を言い訳にせず、

 

やりたいと思ったことには、とりあえず一歩踏み出してみる

 

たとえ失敗しても、やるだけやったのであれば、10年後の自分も、きっと納得がいくのではないですかね

 

こういうことを言っている僕自身、簡単ではないことを感じているのですが、

 

ただ、思うのは

 

コロナか何か知らないが、そんなことのために自分の大切な時間を無駄に流したりするのは嫌だ

 

ただ、それだけのことなのです

 

10年後の自分にとっても、残念なのは、大切な時間を無駄にしてしまったことではないのでしょうか?

 

2021年に生きる僕たちは、2030年の未来から考えると、10歳も若い「若者」に他ならないので、何でもできるはずですね

 

まだまだ若い、はずですから

 

 

自分という「スペック」を使いこなせているか? 集中力の最大効率化

f:id:Kicks2018:20190831145903j:image

 

人間というのは、機械ではないので、いつも集中力を維持できるわけではありません

 

人それぞれ特徴があって、その日の体調も異なります

 

自分の集中力が働き、脳の状態がもっとも良い時間帯を知っておくということは有益だと思います

 

自分は夜型だという人ももちろんいるでしょうが、多くの場合は午前中の時間帯が最もパフォーマンスが良いのではないでしょうか

 

反対に、食後は血糖値の変動も相まって、なかなかモチベーションが維持しにくい

 

 

 

最も質が良い時間帯に、自分にとって最も大切なタスクに取り掛かる

 

 

自分の集中力を考慮しながら、タスクの重要度に応じたスケジュール管理をしていく

 

 

 

本当に当たり前のことなのですが、こういったことを意識して生活に取り入れていくのは、人生における時間管理、効率管理の戦略上すごく大切ではないかと思います

 

 

どんなにがんばろうと思っても、つらいときはつらい笑

 

であれば、

 

むしろ、自分の身体と相談しつつ最大効率化を目指していくというのが良いのではないでしょうか

 

 

体重を減量しようと思うとき、増量しようと思うとき… やることはどっちも、あんまり変わらないと思う

f:id:Kicks2018:20190809173554j:image

 

フィットネスを考えるうえで、体重を減らすのか増やすのかというのは、もちろん重要な関心事となります

 

しかし、だからといって、減量か増量かによって、日常生活が大きく変わるということは、あまり考えていません

 

減量中であろうが、増量中であろうが、筋トレを怠ることは考えにくい

 

そして、筋肉を維持する観点からすると、たんぱく質を意識して摂取することも、変わりません

 

ただし、変わるとすれば、食事の摂取カロリーでしょうか

 

単純な計算として、一日に使う消費カロリーよりも多い量のカロリーを摂取すれば、当たり前ですが太ってきます

 

反対に、摂取カロリーが消費カロリーよりも少なければ、痩せてくるはずです

 

 

 

いろいろなダイエット法がテレビなどで取り上げられます。その瞬間、スーパーから、ダイエットに効くとされる食材が売り切れたりします

 

しかし、いろいろ考え、試行錯誤し、結局行きつくのが、シンプルな理論なのではないかと考えます

 

シンプルな方法論と、ひたすら継続する意思

 

このふたつが、ボディメイクにおいて好結果をもたらすために、必要な要素だと思っています

 

スティーブ・ジョブズが独創性を発揮できた理由は「取捨選択」

以下引用:


何をしてきたかと同じくらい何をしてこなかったかを誇りたい


スティーブ・ジョブズ



スティーブ・ジョブズが比較的短命であったにも関わらず、これだけ名を残すことができたのには、理由があると思います


彼の能力はもちろんだけれど、その持つ力を集中的に活用したことが重要だったのではないでしょうか


自分がやることと、やらないことをはっきりさせる

言うまでもなく、そのためには強い意志が必要になります