Another skyを探す旅

激変する世界を生きるヒント。それは自分の足元にある

【日常を楽しむ】ライフスタイル

「今日」という日は、今日一日しかない。「今」という時は、今の一瞬しかない

「今日」という日は、今日一日しかありませんね 「今」という時も、今、この一瞬しかありません あなたの大切な一瞬、このブログを訪問してくださって、ありがとうございます 何かを始めようと思ったとき 僕は今すぐ始めたいと思う あなたにも、ぜひ今すぐ始…

「雑草」が知るブルーオーシャン これからの生存戦略を考える

これからは、雑草のように生きることを意識する それが、「生きやすさ」につながるかも知れません 雑草は、じゃま者扱いされる存在です。 しかし、世の中に「雑草」などという植物分類などなく、要するに人間にとって必要ないとされた草を総称して雑草と呼ぶ…

我々は、2030年の未来から来ている。 とすれば、何ができるだろうか?

私たちは、2030年の未来から来ている と言われても、 は?なにそれ? ということになりますかね、当たり前ですが 頭おかしい?たしかに、突拍子もない話なのですが、 しかし、2021年に生きている我々は、 あー、10年前に戻りたいな、と思うことが…

自分という「スペック」を使いこなせているか? 集中力の最大効率化

人間というのは、機械ではないので、いつも集中力を維持できるわけではありません 人それぞれ特徴があって、その日の体調も異なります 自分の集中力が働き、脳の状態がもっとも良い時間帯を知っておくということは有益だと思います 自分は夜型だという人もも…

スティーブ・ジョブズが独創性を発揮できた理由は「取捨選択」

以下引用: 何をしてきたかと同じくらい何をしてこなかったかを誇りたい スティーブ・ジョブズ スティーブ・ジョブズが比較的短命であったにも関わらず、これだけ名を残すことができたのには、理由があると思います 彼の能力はもちろんだけれど、その持つ力を…

「最高の人生の見つけ方」 最高はどうすれば見つかるか?

2007年公開のハリウッド映画のタイトルが「最高の人生の見つけ方」なのですが、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという、名優2人が演じています 死期を知る2人をめぐるストーリーですが、 ①2人ともすでに余命宣告をされていること ②「死ぬ…

断捨離に失敗する人がダイエットも失敗するのには、理由がある

断捨離が上手くいかない人は、結局のところダイエットにも失敗する可能性が高い なぜか? 最初のマインドセットが間違っている 初期設定でミスをしている可能性があります 逆に言うと、マインド設定が正しければ、どちらも上手くいく 今日は、断捨離とダイエ…

レスキュー・ダイバーが考える「コロナとの付き合い方」

コロナウイルスの影響で、多くの人が心を傷つけている そんな気がします ウイルスの脅威は、すでにかなり我々の身近に迫っています ニュースを見れば、コロナ一色です。辛い報道も多いなか、精神的にかなりきつい思いをされた人もいます 東日本大震災のとき…

「やりたいことはたくさんあるけど」という人に限って、実はあんまりなかったりする

やりたいことはたくさんあるけど、時間がなくてできない とか やる気が起きない とか。 そんな口癖が多い人に限って、実はやりたいことなんてあんまりないんじゃないか、と思ってしまいます 「やりたいこと」がはっきり分かっている、というのは実はかなりす…

少数の批判者に耳を貸す必要はあるのだろうか? (結論:自分の決めた道を信じるしかない)

僕たちの前に、しばしば批判者は姿を現します 一見、自分のことを心配しているアピールを発する人もいるし、露骨に批判してくる場合もある もっともらしい根拠がありそうなものもあれば、何もなさそうなものもある 批判してくる人間とは、どんな人達なのだろ…

「LIFE SHIFT」リンダ・グラットン教授も指摘する、日本の旧態崩壊

以下引用 日本の特徴だった終身雇用は徐々になくなりつつあると思う。 終身雇用での企業と社員の関係は親子の関係に近いが、今後は企業とスキルを持った人材とが契約で結ばれる大人同士の関係が増えるだろう ロンドン・ビジネススクール教授リンダ・グラット…

日本通信SIM 楽天モバイルから乗り換えした感想をまとめてみた

昨年10月に、楽天モバイルのスーパープランの利用を始めてから、1年2ヶ月が経った昨年12月に、日本通信SIMに乗り換えました 今日は、乗り換えの感想を書いてみます 楽天以前は、ソフトバンクのキャリアプランで月額10,000円を支払っていました そこからの楽…

1年後はまるで別人。つらいけど前に進まざるを得ない理由

大変な時代を、我々は生きていますね やりたいことが、思うようにできない 今までできていたことが、できなくなった そのようなことは、数え切れません 時代を恨みたくなるのも、致しかたないのですが、 しかし、 だからといって、前に進むことをあきらめて…

なぜ「やることリスト」を作りたがるのに、「やらないことリスト」は作らないの?

よく、タスク管理のツールとして、「やることリスト」を作りますね 「TODOリスト」などと呼ぶ人もいる 最初にいっておきたいのですが、僕自身は「やることリスト」の威力は絶大だと思っています 自分がやりたいこと、やらなければならないことを「言語化」し…

学校の冬休みから考える。集中力を高めにはテクニックがある

集中力を高めるには、テクニックがあると思います といっても、すごく簡単です 集中力を高めるために、2つのポイントがあると考えられます それは「目的」と「時間」です まず「目的」が明確になっていると、人間というのは顕在意識的にも潜在意識的にも、…

なぜ、経済的理由で食事を減らさなければならないのか

経済的理由で食事回数を減らす 昨年9月9日の、日経新聞の一面コラム「春秋」を読んでいました ちょっとショッキングな内容の記事でした 日本の母子家庭の2割が、コロナの影響で食事回数を減らしているらしい 肉や野菜は高価なので、約半数の家庭が炭水化物だ…

「三日坊主」を繰り返す。残る「何か」が大切なものだった

年に、何かあたらしい目標を決めて取り組み始めた そういう「志(こころざし)」の高い人もいるかも知れません しかし1月も3日を過ぎると、もう挫折する 人間、なかなか長続きはしないのですね こんなことなら、最初からやらなければ良かった そんなことも…

この一年は、「気分を整える」ことが大切になる

世の中が、殺伐としています コロナウイルスに端を発し、世界各国が海外からの人の流入を制限しています 人の流れが硬直化し、物やお金の流れにも大きな影響が生じています 日本でも、ふたたび緊急事態宣言の発令が現実味を帯びています こんな時期に、大切…

今年の自分づくりに、「アイコニック・ムーブ」という戦略

新年おめでとうございます 今年も弊ブログをよろしくお願いいたします 昨年はあらためて言うまでもなく、コロナ一色で過ぎていきました 辛い経験をした人もいると思います 昨年のような厳しい環境下でも、何かを手に入れることができた人 そういう人は、間違…

僕らが目指すべきはただひとつ 「シンプル」であることに尽きる

僕らが目指すのは、たったひとつです それは「シンプル」であることです 以下引用 「フォーカスとシンプル」これが私のマントラのひとつだ シンプルは複雑よりも難しい。思考をクリアにしてシンプルにするためには、努力が必要だからだ スティーブ・ジョブズ…

「捨てる」作業を大切にすると、自分が何者か分かってくる

今日は、身の回りのものを「捨てる」ことについて考えてみます 「捨てる」作業を大切にすると、自分が何を欲しているのか、自分がどんな人間なのかが見えてくると思っています 「捨てる」と「片付ける」は違う 例えば、自分の部屋を片付けると決める そんな…

情報を浴びる。取捨選択せず、飲み込む

今日は、情報をいかに吸収するかについて考えてみます 以下引用: 情報は浴びるだけでいい 堀江貴文 堀江氏の言動は、時として物議を醸し出します それは、氏の言葉があまりにも真実をストレートに突き刺しているからに、ほかなりません 例えば、英語の勉強 …

ブログのタイトル「Another skyを探す旅」

いつもご覧いただきありがとうございますこれまで、弊ブログをとおして、読んでくださる方と僕自身の日常生活が、今よりもっと洗練されて、より充実していて、より楽しいものになることを目指してきました具体的には、 ①日常生活のこと。ちょっとした日々の…

夢を叶える「鉄板法則」を考える(言語化が第一歩、そして細分化)

夢を叶えるための具体策を考えます まず①夢を「言語化」する そして②夢を「細分化」する この2つが大切だと思っています 鉄板法則①:夢を「言語化」する 夢を叶える方法について、まず僕たちができるのは、いったい「夢」というものが何なのかを言語化する…

人々は何を神様に「祈る」のだろう、と思うことがある

以前オンラインで、日本貿易振興機構、JETRO(ジェトロ)のセミナーを見ていました テーマが、ASEANと呼ばれる東南アジア地域での、コロナ以降のビジネス戦略についてでした 日系企業の売上げに大きな影響が出ていて、販売戦略の見直しが迫られる。そん…

未来の自分が「何者」になりたいのか、怖いくらい分かる方法

将来の自分が、一体何者になりたいのか? 分かりそうで、実はよく分かっていない www.glocal2019.com そんなことが、はっきり分かる方法があります 弊ブログでは、自分の夢や目的について、テーマに取り上げることが多い そのなかでも、この方法は、かなり自…

ハートドリブン:心にBe(在り方・状態)を取り戻す

今日は、私たちが生きていくうえで忘れたくない「感情」や「感覚」について考えます ゲーム会社アカツキの創業者である塩田元規氏の著書「ハートドリブン 目に見えないものを大切にする力」を踏まえて考えます ハートドリブン 目に見えないものを大切にする…

夢への道は、必ずしも直線ではない

夢を叶えるには、ゴールへの最短距離を行けばいい確かに、それは一見その通りなのかもしれませんが、人生の先輩は必ずしもそうではないことを指摘しています 以下引用: 夢には一直線で向かうな回り道が大切なんだ 萩本欽一 日本を代表するコメディアンのひと…

「日本人の普通」って、こんなにハードル高いのか。よさまつさんのYouTube番組から思ったこと

よさまつさんというYouTuberがいます 番組を見た人も、いるかもしれません よさまつさん自身は東京大学の大学院に通う秀才なのですが、大検を経て大学に入学したりという経歴の持ち主です 彼が作る番組の切り口がとてもおもしろいので、このブログでも取り上…

「すごろく作り」で夢を叶える。原 麻衣子さんのすごろくノート術

夢を叶えるには、どうしたらいいのか 弊ブログでもたびたび取り上げるテーマです 僕はよく山登りに例えて、目的と目標の設定について書いています 今日は、原麻衣子さんの著書を参考に、いつもと切り口を少し変えて夢を叶える方法について考えてみます 最速…