Another skyを探す旅

究極に楽しい生活。一緒にAnother skyを探してみませんか?

【日常を楽しむ】ライフスタイル

中学レベルの英語でも、海外旅行がもっと楽しくなる(どんどん使う。それしかない!)

年末年始、海外旅行を計画している方もいるでしょうね 海外旅行も随分と安く行ける時代です 近隣のアジア圏内だと、国内旅行と遜色ないコストで行けます 海外旅行で、使えると助かるのが英語です 堀江貴文氏の「英語の多動力」によると、英語の上達を目指す…

自分が「輝く」ための方法論 (市場価値を高めるためのベクトル)

自分が「輝く」ために、どうすればよいのかを考えてみます 輝くといっても、ひどく抽象的なようですが、例えば仕事 サラリーマンにとって、終身雇用は過去の遺物になりました つまり、多くの働き手は、労働市場で、いかに自分という商品の魅力を高めるかとい…

「従順ならざる日本人」のプリンシプル。すべての言動には、自分の軸が必要だ 

本来、自分が発するすべての言動に、「軸」が必要なのだろうと感じます プリンシプルは何と訳してよいか知らない。「原則」とでもいおうか 日本も、ますます国際社会の一員となり、我々もますます外国人との接触が多くなる 西洋人とつき合うには、すべての言…

「Another Skyを探す旅」がブログ名です! 

ご覧いただきありがとうございます 弊ブログは、僕と、これを読んでくださっているあなたの日常生活が、今よりもっと洗練されて、より充実していて、より楽しいものになることを本気で目指しています 具体的には、以下の3つのテーマについて考え、実体験に…

早起きとは才能なのか? あさイチの行動で人生のベクトルは変えられるか?

だんだん寒くなってきて、朝起きるのもつらい時期になってきました ですが、あえて早起きについて考えてみます笑 朝型と夜型 「自分の時間」を大切にする 朝型と夜型 早起きとは、才能なのでしょうか 朝型の人間と、夜型の人間というのが、確かにいるらしい …

「忙しい」を一瞬で解決する方法がある 

日常のなかにある「忙しい」を、一瞬で解決する方法について考えてみます 「忙しさ」とは何か 「忙しい」ときの対処法 それでも、やっぱり「忙しい」? 「忙しさ」とは何か そもそも、「忙しい」とはなにか? 余裕がない、とか時間がない、とか とにかく、「…

人生100年時代において「転職」をどう考えるべきなのか?

人生100年時代において、「転職」をどう考えるべきかについて、書きたいと思います ていうか、むしろ逆に、「非・転職」から考えたほうが分かりやすいのかもしれません 「非・転職」とはどういうことか? 学校、例えば大学を卒業し、最短22歳で社会人です こ…

スティーブ・ジョブズの言葉に思う新時代の生き方 (群れない自分を目指す)

以下引用 他人の意見という騒音によって、自分の内なる声が掻き消されてはならないスティーブ・ジョブズ 私たちは、ふだん「協調性」というワードのもと、他者との同調を求められます それが社会生活といえるかもしれません 時として自分の意に反することで…

「目標設定」について、考えてみる (今年の残り2ヶ月間の過ごし方)

今年も残すところ、2ヶ月あまりとなってきました 時が経つのは早いですね 今日は、今年をどのように過ごすかも含め、「計画を立てる」ことについて考えてみます そもそも、「目標設定」とは何なのか? 「目標」と「目的」と、何がどう違うんだろう? あまり…

稀代の投資家 ジム・ロジャーズも指摘する  〜もう「日本だけ」では絶対に通用しない〜

以下引用 内向きと言われている日本の若者も、外へ出て誰も知り合いがいなくて言葉も通じない国へ行ってみるべきです。冒険しないと、つまらない人生になってしまいますよ。 ジム・ロジャーズ 今や、海外との関わりなしで生きていくのは不可能です 外国人と…

目的を達成するために、どうしてもコレをしないと始まらない!(As is/To be)

「人生の目的」なるものに考えを至らせるとき、どうしてもやらなくてはならないことがあると思っています それは、今の自分が置かれた場所、立ち位置を見つめ直すという事です つまり、ひと言でいうなら「現状分析」です 思いっきり現実に引き戻される話にな…

【日常を楽しむ】仕事、用事…やるべきことが溜まってきたら…「強引に完了させる」 (20%の労力でもOK!)

仕事、家事、勉強、日常のタスク…僕たちのまわりは、日々やらなければならないことでいっぱいです もう、脅迫観念。ちょっとしたパニック症状になりますね どうすれば開放されるのか。考えてみます 頭の中に「未解決事項」ができたら、なるべく素早くかたを…

【日常を楽しむ】「人生もうやだ」というときには、休む。あなたには休む権利がある

人生、何かの理由でつらくなったとき、もういやでいやでしょうがなくなったとき 場合によっては、死にたいとおもったとき そんなときは、もう休む すべてを放り出す 誰にも、何も言わせない。自分には、休む権利がある 期限なんか決めない 休みたいだけ、休…

すべての感情、情報、タスク、メモ… たった1枚の紙に書くから意味がある!(あなたの「今」が顕在化する)

「悩み」や「不安」があるとき、僕なら1枚の紙に全部書き出します 悩みも、不安も、情報も、タスクも、メモも。全部です いちいち分類なんかしません まず、やるべきは、書く。とにかく書く まず、書くことによって、脳内のメモリ容量をリセットすることが…

自分という存在を「ブランド化」するために必要なこと (思いの強さで決まる)

自分という存在を「ブランド化」することについて考えます 企業であれ、個人であれ「ブランド化」に必要なのは、発信する側の「思い」だと感じます 僕たちの身の回りにあるもの、例えば洋服、かばん、時計、車など そのなかでも、僕やあなたにとってお気に入…

「悩み」と「不安」どう区別すればいい? (どちらも自分の感情)

「悩み」と「不安」の違いについて考えます ネガティブな感情を持つことは、よくあります 何かに起因した「悩み」なのか、それとも、原因はよく分からないけれど、何となく感じる「不安」なのか? もっと言えば、「悩み」と「不安」は、どう違うのか? でき…

自分を「ブランド化」する方法について考える (すでに自分というブランドは存在する)

今日は、ブランディングについて考えます 最近、セルフ・ブランディングという言葉を耳にします ブランディングとは何か 今日は、企業ではなく、個人をブランド化するとはどういうことかについて、考えてみます 企業において、自社商品をブランド化するなど…

料理研究家 有元葉子さんの著書「下ごしらえ」から考える。人生に下ごしらえは必要か?

今日は、「下ごしらえ」の観点から、さまざまなことを考えてみます 「下ごしらえ」が持つ力 人生に活かす「下ごしらえ力」 「下ごしらえ」が持つ力 料理研究家 有元葉子さんの著書「下ごしらえ」によると、料理のなかで有元さんがも っとも大切にしていて、…

「リスク」を取りにいくマインドセット (リスクにも正しい取り方があると思う)

「リスク」との付き合い方について考えてみます 「リスク」と、どう付き合うか 目的をはっきりさせる 「リスク」と、どう付き合うか リスクとは、なんとなく「避けたいもの」という印象があります ケガしそう、とか損しそう、とか、痛い目見そうだとか そう…

【日常を楽しむ】報われないこともある…。結局のところ「努力」ってなんだ?(感謝できないと人生はつらい)

今日は、報われないこともある「努力」について考えます 努力が報われるとは限らない 「努力できる」ということ 努力が報われるとは限らない 私たちは、毎日生きていますが、楽しいことばかりではないです というか、つらいことのほうが多かったりもする そ…

【生活を楽しむ】正直、ブログを書いてて、一番得するのは「自分」だと思う件

ブログを書いてて、正直、思うのは、一番得するのは「自分」だということです 長年ブログを書いている先輩方には、釈迦に説法だと思いますが、まず、ブログを書くことで自分の考えが整理される あまりまとまっていない事柄についても、書くことでまとまるこ…

【日常を楽しむ】自分の夢の原型を「見つける」のではなく「思い出す」(必ず答えはあるはず)

自分の「夢」について考えてみます 自分の夢を見つけるなどと、よく言いますが、なかなか簡単にみつかるものではない では、どうするか? ①自分の夢は、もうすでに自分自身が知っている ②ではどうやって思い出すか? ①自分の夢は、もうすでに自分自身が知っ…

【日常を楽しむ】何を人生の「目的」にするのかという問題(頂上も分からない山には登れない件)

何を、人生の「目的」にするのかという、壮大なテーマについて考えてみます なにも人生などという、だいそれたことでなくとも、例えばプロジェクトでも、仕事でも、何でも同じかもしれません 「目的」というものが明確になっていないと、つまり、今から登ろ…

【日常を楽しむ】 「最高の人生の見つけ方」 最高はどうすれば見つかるのか?

10月11日から公開される映画「最高の人生の見つけ方」についてですが、もともとは2007年公開のハリウッド映画のリメイクです リメイク版では吉永小百合さんと天海祐希さんの女性2人が主役ですが、原作はジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン…

【日常を楽しむ】夢を叶える過程で「失敗」は必ず起こる(失敗とは結局のところ「失敗」ではなかったということ)

夢を叶える過程において、失敗というものは必ず起こるでしょうね 僕やあなたが、何か事を為そうとしたときに、大なり小なり失敗というものをせずに達成できたとしたら、少なくとも、そんなものは「夢」と呼ぶ類のものではないでしょうね よく「PDCA」などと…

【日常を楽しむ】自分のビジネスキャリアを楽しみながら創る

終身雇用の崩壊にともない、求められるのは、個としての自分が世の中にどう価値提供できるか 今まで、自分がやってきた仕事をたな卸しする そして、これから創って生きたいキャリアビジョンを明確にする つまり、自分に何ができるのか、何をしたいのかを「言…

【日常を楽しむ】なぜ、今まで夢を叶えられなかったのか(邪魔していたのは恐怖心)

今まで夢を叶えられなかったのは、なぜなのでしょう? 大きな理由のひとつは、「恐怖心」だと思っています 夢が、壮大で高い場所にあればなおさらのこと 夢と現実との差異に失望し落胆する そして、問題なのが、大きな夢に立ち向かう「恐怖心」 いきなりボス…

【日常を楽しむ】夢を叶える「鉄板法則」があります (言語化が第一歩、そして細分化)

夢を叶えるための具体策を考えます まず①夢を「言語化」する そして②夢を「細分化」する この2つが大切だと思っています 鉄板法則①:夢を「言語化」する 夢を叶える方法について、まず僕たちができるのは、いったい「夢」というものが何なのかを言語化する…

【日常を楽しむ】ZOZO前沢氏のエグジット戦略から考えたこと

ZOZOの前座社長が取ったエグジットつまり出口戦略から学べるものがあると思っています ニュースなどでは借金返済とか、不要論とか、潜水艦とか、言いたい放題の状態ですが、僕が思うのはそんなことではありません 前沢さんがヤフーに対して行ったのはTOBとい…

【日常を楽しむ】これからは、仕事を楽しむことを目指そう!(定年はきっとなくなる)

これから僕たちが働いていくうえで、仕事を楽しむという発想が不可欠になると思います 終身雇用が完全に崩壊しようとしている今、考えるべきは、自分をプロフェッショナルとして、各々がどうブランディングするのかということだと思います 終身雇用が崩壊す…