Another skyを探す旅

究極に楽しい生活。一緒にAnother skyを探してみませんか?

混乱する世界:2人の天才が示す解決策は、極めてシンプルだった

f:id:Kicks2018:20200418224010j:image

 

日本経済新聞の一面で特集記事が組まれています

 

「コロナと世界」というタイトルです

(以下、記事参考・引用)

 

 

4月9日は、フランスの経済学者として著名な、ジャック・アタリ氏がコメントを寄せていました

 

続く10日は、ノーベル生理学・医学賞の受賞者としても知られる、京都大学本庶佑(ほんじょたすく)特別教授の記事でした

 

 

コロナウイルスに端を発する世界の混乱について、2人の天才が示す解決策は極めてシンプルです

 

 

ジャック・アタリ氏の指摘

 

 

アタリ氏は述べています

 

この問題は、ワクチンや治療薬があれば解決するし、なければ解決しない

 

それ次第で、この危機は3ヶ月で解決するかもしれないし、3年続くかも知れない

 

 

そんなの、当たり前だと思うかもしれません

 

 

しかし、氏が指摘するのは、

 

新薬開発に投入されている資金が、ばかげていると言わざるを得ないほど少額だということ

 

世界経済を立て直すための、最優先事項が新薬開発だと、誰も気付いていないとまで言い切っています

 

 

本庶教授の指摘

 

 

本庶教授は指摘しています

 

 

人々がパニックになるのは、死ぬからだ

 

死亡者を少なくするためには、治療薬がいる

 

 

たったひとつのウイルスが出てきて、世の中がひっくり返る

なんで、と考える人はたくさんいるだろうが、これが現実だ

 

 

混乱する世界

 

 

今、世界は混乱しています

 

様々な情報が錯綜している

 

国家間で犯人のなすり合いが起こっている

 

 

コロナの症状をめぐっては個々人でばらつきがあり、人々はさらに混乱し、大きな不安を感じています

 

 

両氏が指摘するように、この混乱の原因が、死に関わるウイルスである以上は、

 

人類は治療薬の開発に、持てるリソースを投入しなくてはならない

 

そんなシンプルなことが、現時点ではまだ十分になされていると言えない

 

 

取材のタイミングと記事になるまでには、もしかしたら時間差があるかもしれない

 

 

少なくとも今後、開発は急ピッチで進むと信じますが、

 

それでもいつ、特効薬が完成するは見通しが立ちません

 

 

新薬が実用化されるまで、基礎研究から治験を経て承認を得るのに、海外では3から5年、日本では10年程度掛かるといわれています

 

 

画期的な治療薬については「先駆け審査指定制度」という優先制度もあるようですが、それは承認審査の期間が12ヶ月から6ヶ月に短縮される程度

 

 

とはいえ、新薬の実用化については、有効性はもとより副作用リスク、供給能力など検証が必要です。そこにジレンマがあるのでしょう

 

 

エボラの既存薬として知られるギリアド社のレムデシビルや、富士フィルム富山化学のアビガンなどを転用することで、急場をしのぐ試みが進められています

 

 

いつになったら平穏な日常が戻ってくるのか、誰も答えを見出せていないのが現実なのです