Another skyを探す旅

究極に楽しい生活。一緒にAnother skyを探してみませんか?

「嫌な気分にさせる人」とは距離を置いても構わない

f:id:Kicks2018:20200209055119j:image

 

日々を生きていると、周囲には一人くらい、自分を嫌な気分にさせる人がいるものです

 

今日は、そんな人にどのように対処すれば良いか考えてみます

 

 

関わろうとしない 

 

結論から言うと、そのような人とは無理に関わろうとしない

 

それでよろしいかと思います

 

「嫌な気分にさせる人」とは、どのような人なのでしょう?

 

こちらに対し、悪意を持っている人もいるかも知れません

 

こちらが意識しているかどうかは別として、何らかの理由で恨みを持たれている場合など

 

無理に原因を追究しようとする必要もないと思います。程度の問題です

 

もちろん、関係を修復したいと思う相手に対しては、そのような努力をしてみてもいい

 

ただ、ここで押さえたいのは、世界中の全員から好意を持たれるのは無理だということです

 

おそらくですが、自分自身も知らず知らずのうちに、誰かを嫌な気分にさせてきたのかも知れません

 

ただ、

 

人間と言うのは生きている以上、必ず誰かを傷付ける可能性があるのだと思います

これはもう、しょうがないと割り切るしかない

 

 

なので、誤解を恐れずにいうと、

 

自分に対し悪意を持っている人に、善意で対応しようとするほど疲労するものはない

 

結局のところ、そのような人とは無理に関わろうとはしない

 

 

 

他人に過度に期待しない

 

もしかすると、「嫌な気分」の原因が自分自身にあるのかも知れません

 

例えば、

 

誰かに期待(依存?)していたのに、期待はずれに終わった

 

こんな場合も、ひょっとしたら人間は他者に対して悪意を感じるかも知れません

 

人というのは、少なからず支えあいというか、持たれあいのなかで生きています

それが社会生活ということになると思っています

 

ただ、

 

過度に誰かに期待はしないし、過度に誰かの期待に応えようとしなくてもいい

 

そんなことを思います

 

そんな心持ちで生きていると、実はすぐ近くに、本当にリスペクトできる人がいたことに気付く

 

そんなこと、なのではないでしょうか