【シンプルライフ】Another skyを探す旅

究極に楽しい生活。一緒にAnother skyを探してみませんか?

【日常を楽しむ】仕事、用事…やるべきことが溜まってきたら…「強引に完了させる」 (20%の労力でもOK!)

仕事、家事、勉強、日常のタスク…僕たちのまわりは、日々やらなければならないことでいっぱいです


もう、脅迫観念。ちょっとしたパニック症状になりますね


どうすれば開放されるのか。考えてみます


頭の中に「未解決事項」ができたら、なるべく素早くかたをつける


これが答えかと思いますが、そんなの当たり前だと言われそうです笑


問題は、未解決事項がたまって、身動きが取れなくなったときです


もう、頭の中のメモリがいっぱいでBusy状態、思考停止状態におちいることも、よくあります


そんなときは、クオリティは二の次と割り切って、スピード重視でやっつける


ぶっちゃけ、全労力の2割も使えば十分と考える


いかがでしょう


スピード重視は、まあ分かるとしても、労力2割で大丈夫なのか?


そこは、思い切って「割り切る」べきだと考えます


パレートの法則」というものがあります


80:20の法則、ばらつきの法則とも言われます


イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートという人が発見した、統計学にもとづく法則です


この法則をあてはめると、つまり、80%の成果は20%の労力によって生み出される


2割というと、ほとんど何も手を掛けていないように感じるかも知れません


しかし、僕たちはこれまで生きてきた経験則にもとづいて、意外にも、けっこうツボを押さえた行動をとっているものです


だから、ここで大切なのは、たとえ2割でも8割の成果を出せるんだという、つまり自分を信じられるかということ笑


大丈夫です


ていうか、たとえていねいに、慎重に作業をおこなったとしても、人間というのはどうせミスをする生き物なのです


残り80%の労力を使って、あと20%クオリティを上げようというのは、基本的には、ちょっと効率悪い

どうしても、どうしても不安ということならば、ある程度の見識を持った方にダブルチェックしてもらって、最後のツメをさらっとやる


まあ、ここまででしょう笑


完璧を求めるよりも、8割のクオリティであっても、むしろスピードを売りにするという考え方もある


多少、強引に感じたとしても、そこは割り切って片付けていく


これで、脳内のメモリに少し余裕を作ることができるはずです