Another skyを探す旅

激変する世界を生きるヒント。それは自分の足元にある

梅雨空をどう過ごすか。ふだん、やらないことをやってみる

f:id:Kicks2018:20190530184906j:image

新緑の5月が、終わりました

 

本来なら爽やかな、一年でも最も過ごしやすい季節

 

しかし今年はコロナウイルスによる外出自粛で大変な思いをしました

 

 

6月って温度としては、かなり過ごしやすい時期のはずなんですが、雨の日が多かったり湿度が高いので苦労します

 

アウトドアが好きな人にとっては、もったいないシーズンですね

 

この時期どんな過ごし方をするのがよいのでしょうか

 

 

 

①映画を見たい

 

コロナ禍で映画館に行くのを我慢していた人は少なくないでしょう

 

外出するなら、映画を見に行きたい

本心です

 

 

映画料金って1,800円とか、割引あるときで1,000円とか1,100円って感じですね

 

これって、東南アジアだったりすると3分の1くらいが相場なのかなと思います

国にもよりますが、ざっくり500円ってところですかね

IMAXとか4Dでも、1,000円はいかないかと

東南アジアにもIMAXとか、あります

 

現地の人にとって映画は大切な娯楽です

映画館涼しいし笑

 

 

ただ、海外で映画を見る場合、日本人にとっては、英語がハードルになります

当然字幕とかないので

 

映画の英語は多分、現地の企業駐在員の方でも、正直キツいなって感じる人も多いと思います

 

僕も英語で苦労しました汗。今もですが

 

②自分でコーヒーを淹れてみる

 

自分の力では、どうにもできないのが空模様です

 

とはいえ雨の日に残念な気分になるのは、僕だけではないはず

 

とりあえず、コーヒーでも淹れる

 

 

自宅でコーヒー飲むことは多くなく、外で飲むほうが多かったです。少なくともコロナ前は

 

 

日本に住んで何が良いかというと、あれだけ美味しいコーヒーが近所のコンビニで、それも100円からいただける

 

これは本当に他の国ではなかなかないことです

 

僕はセブンイレブンの味が好きですが、人によってお好みはあるかと思います

 

スターバックスも行きます。ドリップコーヒーを一日で2杯飲む日もあります

1杯目のレシート出すと、安くおかわりできますし

 

雨の日、自宅で飲むコーヒーは、別にインスタントでも良いじゃないですか

 

美味しいコーヒーにこだわってる方もたくさんいると思うし、それがすごく大切な時間だというのは、すごくいい。うらやましい

 

要は、雨の日だからこそ、ふだんやってないことを探して、やってみる

 

今日が雨でも、次の休日が晴れるかもしれない

 

次、雨の休日用に新しいコーヒーカップを探しに行けますよ