Another skyを探す旅

激変する世界を生きるヒント。それは自分の足元にある

昭和の終わり頃、「父権の崩壊」が問題になってたらしい。「父権」って何だ?

f:id:Kicks2018:20210419184420j:image

昭和の時代までは、「父権」とよばれる、今の時代からは分かりにくい家族形態がありました

 

家父長制とも呼ばれます。

一家の権力が、男性の家父長に集中していることをいいます(参考:Wikipedia)

 

日本が戦後、経済成長し女性が少しづつ社会進出するようになると、「父権の崩壊」などということが言われ始めました

 

父権というのは、古くから日本の家庭に見られた、長男を中心とする家督制度によるもので、明治時代には戸主権として法的にも認められていました

 

1947年の家制度の廃止にともない、家父長制は消えることになるのですが、父権の概念は日本の一般家庭に根強く残りました

 

特徴的なのが、情報や知識が「父(や、その後継となる長男)」に集約されたことです

 

かつては、女性は進学しなくてもいいとか、勉強しなくてもいいとかいった、今日からは考えられないような話が日常だった時代が続いた

 

昭和の、経済成長が低成長に転じ、その後バブルを迎えた頃からさかんに言われだしたのが、「父権の崩壊」です

 

つまり、男性が無根拠に威張りにくい時代になってきたということです

 

なぜ、威張りにくくなったのか?

 

いろいろな要因があるでしょうが、ひとつ大きな理由として、「情報の囲い込み」ができなくなったということがあるでしょう

 

昔は、男性に占有権があった情報と知識(インテリジェンス的な)が、広く、多くに人に行き渡ってきた

 

つまり、「物知り」としてえらそうにできなくなったのです

 

決定的なトドメになったのが、インターネットでしょう

 

ただの情報の寄せ集め的な「物知り」の、市場価値が暴落した瞬間です

 

分からないことは、すぐに検索すれば大体のことは解決できます

 

 

これからも、情報を知っているだけ、という人の価値は上昇しにくいのでしょう

 

いかに、知識を使って何をするのか?そういった感性に対するバリューが求められるでしょうね

そして、そんなことをできるのはAIよりも、むしろ人間。しばらくは、そういうことになりそうですけどね

 

ディープラーニングが発達したりする将来には、どうなっているか分かりませんけどね